新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

文章上達のコツ

プレゼンで使ってはいけないNGワード集│その言葉は無意味です

プレゼンやレポート作成の場面で、たびたび目にするのが意味のない「NGワード」です。 このエントリでは代表的な8つのNGワードを紹介します。 あなたのプレゼン資料にこのような言葉は含まれていないでしょうか。 もし見つけたら、NGワードを具体的な言葉に…

読書感想文の言い換え│「と思った」を連発しない表現とは?

読書感想文の苦手な子は、「おもしろかった」「~と思った」という感想を連発します。 本来は、どこがおもしろかったのか、なぜおもしろかったのかを詳しく書くのが大切ですが、 この記事では、単純な感情表現をさまざまに言い換えて文章を豊かにする方法を…

おもしろい作文の書き出し3つのコツ - 小学生高学年向き

読まれる作文の書き出しのコツを3つ紹介します。書き出しをどうしたらよいか困っている小学生の高学年(5・6年生)に向けて書いています。 書き出しの3パターン 書き出しで読み手を引きつけると、おもしろい作文が書けます。これから3つのパターンを紹介しま…

【感想】100倍クリックされる超Webライティング実践テク60

ブログのアクセスが増えない、全然読まれていない、と感じていませんか? 記事のタイトルと文章の書き方で、ブログの反応はアップします。でも、どうしたらいいか、わからない人も多いですよね。今回は、そんな方におすすめの良本をご紹介します。 650万PVを…

【感想】セス・ゴーディンの出し抜く力 - 9つの文章テク

世界のトップクラスのエリートたちが動向を追い、教えをこうマーケット戦略家セス・ゴーディン。彼のブログを書籍化した「Whatcha Do with That Duck?」を神田昌典氏が監訳した本が「出し抜く力」です。このエントリでは、セスのマーケティング術から「やり…

誤字をなくす!ツールで文章を校正しよう

文章を書き上げて投稿する前に必要な作業が校正です。校正とは、言葉の誤りや不備を直したり、読者が読みやすい表現にあらためることをいいます。自分の目で文章を確認しても良いのですが、校正サイトを利用すると効率的です。このブログでは、投稿前に次の…

書評ブログの書き方のコツ-こんなNGをしていませんか?

ブログに書評を書く人は少なくありません。書評とは、書物の内容を紹介しながら批評した文章をいいます。書評の書き方のコツは次の5つです。 本を正当に評価する 内容をダイジェストで紹介 書評は、評者が未読者に向けて書く 書評の読み手に「得」を感じさせ…

ブログを書くのに時間がかかる-スグ効く5つの処方箋

ブログが速くかけない。記事を仕上げるのに時間がかかる。こうした悩みを持つ人は少なくありません。このエントリでは、ブログを速く書くコツを5つ紹介します。 タイマーで書く時間を計る 見出しを先に書き全体像を設計する 文章の「型」を使う 型を使うとオ…

ブログと日記の違いとは?

ブログと日記の違いは何でしょうか。ネットに公開された日記(記録)web logを略した言葉がブログで、狭い意味で日記の一種です。しかし、ネットに公開された文章は、すべてブログと呼べるのでしょうか。ブログは、自分以外の読者を想定して書かれる特徴があ…

SEOは意味がないという誤解

SEOは意味がないという主張があります。Googleに評価される書き方は、人に向けて文章を書くのと異なる、というのが理由です。SEOに則ってコンテンツを作るのは、人に向けて書くこと、利便性を上げるのと矛盾せず、意味があるというのがこの記事の主張です。

取引先に出す年賀状の間違いと注意点

取引先に出す年賀状は、相手を目上として敬った表現で書くのがコツです。この記事では、年賀状の誤りと注意点を紹介します。年賀状は、取引先への新年最初のご挨拶です。正しい表現を押さえておきましょう。 年賀状の賀詞のタブーと重複 賀詞とは、主に年賀…

ブログは「です・ます」調と「だ・である」調のどちらがいい?

あなたのブログは「です・ます調」と「だ・である」調のどちらで書いていますか。「です・ます」調は敬体、「だ・である」調は常体といいます。どちらを使うかで、読み手に与える印象は大きく変わります。このブログでは、内容に応じて、敬体、常体を使い分…

【記事力アップ】ブログが書けない人を救う目的別おすすめ文章本14選

初心者ブロガーにオススメの文章本を紹介します。実際に、購入して文章力向上に役立ったものを13の目的別でリストします。 洗練された文章が書きたい すっきり!わかりやすい!文章が書ける 論理的な文章を書きたい 入門 考える技術・書く技術 エモーショナ…

ブログは「断定して書く」のウソ・ホント!?

記事は、断定して書くべきでしょうか。たとえば「思います」を避けて「です・ます」で言い切る。こう書くことで、切れ味の良い読者に刺さる文章になるといいます。私も、以前は、文章は断定した方が良いと考えていました。しかし、今は無理に断定した書き方…

そういう意味じゃない! ネットで誤解される理由

ネットの文章の難しさ、面白さの1つに、読み手がどのように解釈するか、があります。同じ文章を読んでも、読み手によって感じ方が異なるのです。「そういう意味じゃない!」と、驚いたこともあるのでは? 意味の捉え方は千差万別 フェイスブックでは、投稿に…

女性誌おすすめ!雑誌Martでキメる。ブログの記事タイトル12選

ブログの記事タイトルって悩みますよね。いろいろな書き方があるけれど、ターゲット層が読んでいる雑誌を参考にするのがオススメです。雑誌は、読者層を細かく設定しています。ブログと同じ読者層を対象にした雑誌を参考にすると「わたしのこと?」と、刺さ…

時間がなくても更新できる!3行日記と 4行ブログの書き方

毎日、ブログを書くのは大変ですよね。スキマ時間に書けばいいのですが、それができないこともしばしば。昼間は勤めているので、夜帰ってから、と思うのですが、ついテレビを見てしまったり、そのまま寝てしまったり。そんなときは、発想を変えて短いブログ…

申し込みが増える!セミナー告知記事の書き方

セミナーの開催が決まったら必要なのが、告知記事です。具体的にどのように書けば、参加者にわかりやすく伝わるのでしょうか。今回は、集客に欠かせない告知文の書き方を順を追って解説します。 告知内容を5W3Hで整理する 告知記事のレイアウト セミナータイ…

物語・ストーリー型のプロフィールの書き方

プロフィールは、「物語」形式で書くと良いと言われます。物語にすると、読み手が自分のことのように感じ、共感しやすいからです。今回は、共感を得やすい物語の型、型を使ったプロフィールの書き方を解説します。 共感されやすい物語のパターン 人は「成長…

プロフィールの書き方 - お仕事ブログ編

仕事のとれるプロフィールの書き方は? この記事では、テンプレートに沿って必要事項を書きこむだけで誰でも魅力的なプロフィールが完成するように解説しています。注意点やコツを読むだけでも参考になりますよ。

広告の反応が良い「限定」表現の使い方

広告の反応を上げる方法に「限定」表現があります。限定表現は、大別して3種類あります。うまく活用することで消費者の購買意欲を高めることができます。 数量限定 期限限定 情報の限定 価値を底上げする「数量限定」 人は数が少なかったり、減りつつある物…

数字を入れて文章の説得力アップ!

文章は、数字を使うことで具体性が増します。約束の時間に現れない友人に電話をして「もうすぐ着く」と言われても、それが5分なのか15分なのか、それ以上なのかはわかりません。人によって解釈が異なる表現は、数字を使うことで焦点が合い、説得力が増します…

読まれるブログの文末表現 体言止めと時制

同じ文末が続くと文章は単調になります。「だ」「です」「思います」が連続すると、読み手に退屈な印象を与えます。文末表現を変え、文章にリズムを出すことが大切です。この記事では、読み手を引き込む文末表現を2つ解説します。 体言止めで文末に変化 文末…

検索されないブログを見直す!サジェスト機能の使い方

ブログのタイトルや本文にキーワードを入れているのに検索からのアクセスが増えない。もしかすると、読み手がほとんど「検索しない」キーワードを入れているのかもしれません。読み手目線で、検索されやすいキーワードに変えると、ブログの訪問者が増える可…

読まれるブログの書き出し3パターン!例文付き

ブログを読んでもらうには、タイトルとアイキャッチで目を引き、前置きにあたる導入文でスムーズに読者を本文に導かなければなりません。文章の出だしには、何を書くと良いのでしょうか。この記事では、有効な書き出しのパターンを3つ紹介します。 1)前置き…

ブログに誘導する投稿文の書き方│フェイスブック・ツイッター

ブログを書いたらSNSに記事のURLを投稿して、たくさんの人に読んでもらいたいですよね。SNSでは、シェアされやすい投稿文の書き方があります。ここではTwitterとFacebookの最適な導入文の書き方をご紹介します。 Twitter投稿文のポイント 数字を使い簡潔明瞭…

文章を磨く!校正・推敲5つの方法

記事を書いた後に行うとクオリティアップする校正、推敲の方法を5つ紹介。文章は「書けた!」で終わりではありません。何度も読み返し推敲を重ねることで、より伝わる文章になります。「書く」と「直す」を常にワンセットで考えましょう。 1)プリントアウト…