新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

暮らし

なぜラーメンの数え方は「丁」なの?

ラーメンは注文するときは1つや1杯なのにお店の人は「1丁!」と言うのでしょうか。丁には、どのような意味があるのでしょうか。この記事では、丁という数え方の秘密にせまります。

本と新聞の数え方

本は「冊」と数える以外にも、巻、部などの数え方があります。どのような状況で数え方が変化するのでしょうか。この記事では、本や新聞の数え方を説明します。

口裂け女にポマードやべっこう飴が効く理由【学校の怪談】

小学生の子供に「口裂け女」について聞かれました。記憶をたよりに口裂け女のルーツを調べてみると1978年~79年の時代性を色濃く反映した都市伝説だとわかりました。

Yahoo!の光BBユニット(無線LAN)が発熱で変色│交換かレンタル解約か

Yahoo!の光BBユニットが経年で発熱、変色してきました。熱暴走のためかネット接続も不安定です。カスタマーサービスに電話すると無償交換になりましたが、この選択は正しかったのでしょうか。

知っていますか? 新聞のひみつ

ふだん何気なく読んでいる新聞もよく見ると秘密が隠されています。1面の上の「第○○○○号」という数字や新聞紙の上下のギザギザ。全部ちゃんと意味があります。この記事では、新聞のこうしたひみつに迫ります。

ざっくり早わかり!弾道ミサイルと防衛システム - 火星12は撃ち落とせるか?

北朝鮮が9月15日6時57分頃、平壌から弾道ミサイル1発を東北東方向に発射しました。 8月末の発射に続き再び北海道上空を通過、襟裳岬の東約2200kmの太平洋上に落下し、 飛距離は過去最長の約3700kmに達しました。 日本政府は、この弾道ミサイルを中距離弾道ミ…

人のうわさも七十五日 - 75日の根拠は何?

人の噂も75日という諺があります。 これは、よい噂も悪い噂も75日経てば自然に世間の話題から消えていくという意味です。 では、なぜ噂は「75日」立てば消えていくのでしょうか。 この75日という数字には根拠があるのでしょうか? 75日の根拠は何か いくつか…

十五夜の行事「お月見どろぼう」とは?【日本版ハロウィン】

十五夜とは、旧暦の8月15日の夜のこと。中秋ちゅうしゅうの名月を愛でる日です。 旧暦の8月15日は今の暦では9月中下旬にあたり、昔は秋の重要な行事とされていました。 2017年の十五夜は10月4日。十五夜の日は毎年変わります。この記事では、十五夜のいわれ…

勉強で挫折しやすい人の3つの特徴

結果がすべてではありませんが、結果が出ないとはじめたことも挫折しがち。 成果を上げるには、そこをグッと耐えて、焦らず最後まで諦めずに継続して学ぶことが大切です。 この記事では、新知識やスキルの学び方と途中で挫折しない方法について紹介します。 …

安くてよく回るハンドスピナー!アマゾンならコレ一択

人気のハンドスピナーをAmazonで購入しました。 4月下旬から6月中旬は、人気が過熱しAmazonなどの通販でも高価で販売されていました。 しかし8月に入るとブームもひと段落し、手頃な価格で手に入るようになりました。 これまで夏祭りの露店で、いくつか子供…

足の腫れは蜂窩織炎か痛風か

左足がくるぶしから甲にかけて赤く腫れだしたのは7月21日のことでした。強い痛みではありませんでしたが、歩くと違和感があります。全体に赤みがかっています。何かにぶつけたり、ひねったりしたのだろうか、と記憶をたどりましたが思い当たりません。前日ま…

森博嗣が雑誌を作ったら。「MORI Magazine」- 100の講義シリーズに続く新企画

梅雨があけてから名古屋は曇天続きです。湿度が高く蒸し暑いですね。わたしの部屋にはエアコンがないので、この時期なかなかブログを書く気になりません。更新は滞りがちですが、ブログのアクセス数は、増えています。夏休みに入って読書感想文や新聞作りの…

犬山城と落雷 - なぜカミナリの電気は利用できないのか

木曽川の鵜飼いの取材で犬山に出かけることの多い週でした。木曽川の堤防を走ると、犬山城のすぐ北側を通ります。犬山グランドホテルを少し過ぎたところに駐車スペースがあります。たまたま望遠のきく古いデジカメ(FZ20)を持っていたので犬山城の天守閣を…

なぜかGoogle検索をしない若者たち

Googleで検索して調べることを「ググる」といいます。自分で調べないで、すぐに人に答えを聞こうとする人に「ググれ!」なんていう言い方もします。わたしの場合は、気軽に検索窓に知らない言葉を入れて調べることが多いのですが、実は、こんなふうに頻繁に…

なぜお年寄りまで新聞をやめるのか?

若い人は、新聞を読まないし取らないといわれますが、2017年現在、お年寄りも新聞を止める人が増えています。新聞代が高いとか、テレビで必要なニュースを知ることができるという理由ではありません。 高齢者が新聞をやめるわけ 理由は、玄関の新聞受けまで…

夏休みの友は友じゃない!敵!

夏休みの宿題の定番といえば「夏休みの友」。僕が子供の頃は、日誌と呼んだ。地域ごとに呼び方はちがうようだ。今、自分の子供たちに「日誌はやったか」と言っても通じない。今回、話題にしたいのは、この夏休みの友の宿題のこなし方について。夏休みの終盤…

歌舞伎のお嫁さんに聞きたいこと

テレビで歌舞伎のきれいなお嫁さんが亡くなったのを知りました。夕飯のとき、お母さんが「まだ若くて、子ども小さいのに心残りだろうね」といいました。お父さんは黙っていました。わたしは、なぜ死んだ人が心残りな気持ちになるのか不思議でした。もし死ん…

優れた道具がプロの仕事を脅かす

道具の役割は、それを使う人のセンスを増幅する。良い道具ほどこの増幅する能力が高い。最近は、素人でもプロよりずっと良い写真を撮る人がいる。なぜ、こんなことが起こるのだろうか。僕は、これまでのプロは、センス以外の要素が評価されていたのではない…

我々は「アンチエイジング」に何を求めているのか

子どもの頃、「大人になったら、それらしい分別がつくか」心配だった。当時の僕から見た大人は、皆、落ち着いていて責任感があるように見えた。年をとれば自分もそうなれるのか自信がなかった。今では40代も中盤だけれど、案の定、年齢相応の精神は育めなか…

その発信や投稿は本当に必要ですか?

沈黙は金、雄弁は銀という。賢い人は、沈黙を守る。それを見習って我々も黙っていた方がよい。あの人は無口な人なのだ、無駄口をきかない人なのだと思わせたら勝ちだ。無駄口はきかず本質的なことを、たまに口にする。これが上策だと思う。そういう態度でい…

なぜSNSではシェアがはやっているのか?

貧しい時代は、誰もが身を寄せ合って生きなければならない。集団で生きることは貧しさによる必然だ。皆と肩を寄せ合って生きることで、さまざまなリスクから身を守る。しかし、集団生活は、常に不自由がつきまとう。貧しさに紐づいた集団生活は、共用が基本…

嫉妬する人は自分を愛していない

なぜ他人の評価が気になるのか 誰もが自分が大事でプライドがある、と思っている。でも、プライドがあるのなら、他人に侮辱されても腹は立たないはずだ。自分で自分の価値を知っていれば、他人の評価は気にならないはずだから。嫉妬の感情もこれと同じ仕組み…

そろそろ運動会のビデオ撮影をやめようか

運動会の撮影で失敗 子どもの運動会に行くと、たくさんの親がビデオやカメラを持ってきている。我が子の出番になると、両親のどちらかがカメラ席に向かう。同じように我が家もそうしている。ここ数年、ビデオ撮影は、私の役目。今年の運動会で、失敗をした。…

またブロックするんだ。本当に相手が悪い!? それ誤解ではありませんか

ネットでの人間関係のトラブルは、なぜ起こるのでしょうか。もめごとの多くは、誤解に基づくことが少なくないように見えます。人間は、物事を自分の見たように聞きたいように捉えます。相手の発信や話したことの一部を自分の好き勝手に解釈して、喜んだり怒…

新聞社は今後生き残れるのか? - なぜ進まない電子化

新聞は生き残れるのか。新聞業界にいると、この話題は頻繁に議論されます。紙の新聞は、今後さらに部数を減らし、いずれ立ち行かなくなるでしょう。当然、新聞や折込チラシを宅配する販売店やそれに関わる業者の経営環境も厳しくなります。一方で、新聞社自…

人の数え方使いこなし術

人を数えるとき「1人、2人ひとりふたり」と「人」で数えるときと「1名、2名いちめいにめい」と「名」で数えるときがあります。「人」と「名」にはどんなちがいがあるのでしょうか?この記事では人の数え方について説明します。 人と名の使い分け 目と様のつ…

意外と知らない動物・昆虫の数え方

動物や虫の数え方を知っていますか? この質問をすると「匹」「頭」が思い浮かぶのではないでしょうか。 ライオンが1頭、クマが1頭、犬が1匹、ネコが1匹。このように「頭」や「匹」は動物の代表的な数え方。 でも「頭」や「匹」の使い分けってわかりますか。…

なぜ新聞休刊日は月曜が多く一斉なのか?

なぜ新聞休刊日は月曜日が多く、それも各紙一斉なのでしょうか。この記事では、新聞販売店の業務から、この謎に迫ります。新聞休刊日の設定にはいくつかの合理的な理由がありました。

通学路の地図の書き方 - 小学校用

新学期は、学校に「通学路の地図」を出します。家庭訪問等で使うのでしょうか。毎年のことですが手間ですよね。この記事では、Yahoo!地図を使った簡単な地図の作り方をご説明します。 Yahoo!地図で通学路を書くには? 最初は学校名を入力しよう 自宅を設定し…

新聞の読み比べで見抜く!記事の思考誘導

新聞は、ふだん一紙しか読まない人が多いと思います。しかし、銘柄の違う複数の新聞を読み比べると、事実の伝え方が異なることに気づきます。事実のどこに焦点をあてて伝えるか。ここに新聞社の主張が透けて見えます。ここでは、客観的な記事に隠された「主…