読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.73BLOG

文章術│広告の作り方│エッセイ

検索キーワードをグラフで比較!【Googleトレンドの使い方】

ブログアクセスアップ

f:id:promotion173:20160807192804p:plain

文章は、普段使う言葉で書くと反応が上がります。たとえば「スマホ」と「スマートフォン」、どちらも同じ意味ですが、良く使われるのはどちらでしょうか。

また「読書感想文」のエントリは、いつ投稿するとアクセスにつながりやすいでしょうか。言葉には関心の高まる時期とそうでない時期があります。関心の高い時期に投稿すると読まれやすくなります。こうした疑問を解消するのが「Googleトレンド」です。

www.google.co.jp

どちらのキーワードが一般的か

f:id:promotion173:20160807131139p:plain

Googleトレンドにアクセスして、検索窓に2つの言葉を入れてみましょう。[スマートフォン,スマホ]とカンマで区切ると複数の言葉の人気度を比較できます。実際に入力すると次の画面になります。

f:id:promotion173:20160807131451p:plain

グラフを見るとわかるように、現在では圧倒的に「スマホ」というキーワードで検索する人が多いようです。ブログや広告で表記するときは、スマートフォンと書くより、スマホと書く方が一般に伝わりやすいといえるのです。

調べてみると2012年1月以降、スマートフォンとスマホの検索数が逆転していることもわかります。Googleトレンドでは、このように検索キーワードの人気傾向がつかめるのです。

検索数が増える時期がわかる

f:id:promotion173:20160807182730p:plain

検索キーワードの中には、季節変動のあるものがあります。たとえば「読書感想文」は、毎年夏休みの8月、お盆明けに検索のピークを迎えます。それ以外の月は、ほとんど検索されていません。

f:id:promotion173:20160807182848p:plain

さて、夏休みの宿題といえば「ポスター」もあります。グラフ赤線。こちらも8月に検索数が増えますが、ほかの月も検索されます。つまり、読書感想文のエントリは8月に集中して読まれ、ポスターのエントリは、一年を通して読まれるといえます。

Googleトレンドを使うと「人気キーワードの傾向」と「検索数が増えるタイミング」が確認できます。ブログ、広告のキーワード選定にお役立てください。