新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

無心とはどういう状態か?

みなさんは「無心」という言葉にどのような印象を持っているだろうか。落ち着いていて何事にも動じない泰然自若とした姿を思い浮かべるかもしれない。しかし、実際の無心はどうも様子が違うようだ。

無心とは何か、を伝える例を紹介しよう。修行を積んだ禅僧と一般人に座禅をしてもらい脳波を調べる。そして5分に1度ベルを鳴らす。禅僧と一般人で脳波にどのような違いがあらわれるだろうか。

きっとあなたは、禅僧の脳波は、殆ど乱れない、と予想するのではないか。ところが、実際はそうではない。禅僧も一般人もベルが鳴れば、同じように脳波は乱れる。では、彼らの違いはどこにあるのか。

実は、2回目、3回目とベルの回数が進むにつれて違いがはっきりしてくる。一般人の脳波は、回を重ねると脳波が乱れなくなるのだ。これは「ベルがまた鳴るな」と身構えるのが原因。しかし禅僧の脳波は、いつまでも同じように乱れた。無心とは、こういうものらしい。

人間の脳や心は、体験を記憶し、未来を計算するシミュレーションマシンだ。物事がどうなるか、ということを常に予想して備えている。それは学習ともいえるが、時として先入観となり私たちを拘束する。

誰もが、初めての体験には、新鮮な驚きと感動を覚える。しかし、同じような体験を繰り返すと刺激が薄れ、むしろ泰然自若となる。これは慣れや上達とは反対だ。体験を重ねて、研ぎ澄まされたのではなく、刺激に対して「鈍く」なったといえる。

物事は何事も無心で当たることが大事である。それには常に自分の感覚を研ぎすまし、瞬間瞬間に自分をリセットする必要があるだろう。諺の「初心忘るべからず」は、そうした無心の大切さを教えている。

浜松科学館ロボくん

浜松科学館のお話ロボット「ロボくん」。無心である。