新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

モテる女性に共通するメール・LINEの「アイサレ」返信テク大公開

メール・LINEのアイサレ返信テク

モテる人のメールやLINEには特徴があります。
使うことで相手が喜んでくれる言葉を自然に取り入れているのです。この記事では、女性から男性に送るメッセージで好印象につながる書き方をご紹介します。

よいコミュニケーションには3ヵ条があります。

今回は恋愛で必修「ア・イ・サ・レ」テクを紹介。
効果絶大のこのテクも恋愛コミュニケーションの3ヵ条を理解していないと効果半減。まずは、基本の3ヵ条を確認しておきましょう。

 

モテ・コミ基本の3ヵ条

  1. 相手を喜ばせる
  2. 相手にメリットを与える
  3. 相手に幸せを感じてもらう

この3つがテクニック以前の大前提。
好意や好感を獲得するすべてのテクニックは、この基本3ヵ条をベースに組み立てられています。

これを理解したうえの「ア・イ・サ・レ」テク。

 

「ア・イ・サ・レ」テクとは?

相手を幸せを感じさせる「ア・イ・サ・レ」テクをさっそく紹介していきますね!

  • 「ア」ありがとう
  • 「イ」いいね!
  • 「サ」さすが
  • 「レ」レスポンス

それぞれの頭の文字をとって「アイサレ」。
どれも今すぐ使える簡単なテクニックです。ひとつずつ使い方を見ていきましょう。

 

文末の「ありがとう」で感謝を伝える

たとえば「飲み会楽しかったね」というメッセージは「飲み会楽しかった。ありがとう!」のように書き換えます。

このように「ありがとう」を文末に加えるだけで、気持ちがグッと伝わるように。

人は感謝されるとお返しをしたくなります。コンビニの化粧室の「トイレをきれいに使ってくれてありがとうございます」という貼り紙も、このテクニックですね。

 

「いいね!」で相手を承認しよう

たとえば「イルミネーション見に行かない?」と連絡が来たとします。このとき「はぁ!? どうしてイルミネーション?」と思ったとしても、一度はこらえましょう。

とりあえず「イルミネーション!いいね!」と返信するのがコツ。

はじめに相手を拒否すれば、そこでやりとりが終わってしまいます。気に入らない行き先は、やりとりをしているうちに変更すればOK。

でも、相手のやる気を失わせたら、そこでチャンスは終了です。

人はYESのサインを出してくれる人、共感してくれる人を好きになります。だから、意中の相手の提案は「イエス」からはじめましょう。フェイスブックが流行ったのも、誰の心にもある承認欲求を満たすシステムだからです。

 

さすがで相手に尊敬のまなざしを

男性とのやりとりで積極的に使ってほしいのが「さすが」です。男性は女性からモテたい、頼りにされたいという潜在的な欲求があります。

さすが、をうまく使うことで、相手の自尊心がくすぐられます。

たとえば、男性があなたのために何かをしてくれたときは「さすが!」でほめる。「ライブの予約したよ」と男性が言ったら、「いつ予約したの?」と質問する前に「さすが○○さん、行動力あるね!ありがとう」と返す。

こうすることで、あなた自身の男性から大切にされたいという気持ちも満たすことにつながります。

 

レスポンス│返信は24時間以内

モテる人は「間(時間)」の使い方が上手。タイミングは、コミュニケーションの要だからです。

よくメールやLINEの返信を寝かせておいて、わざとゆっくり返信する人がいますが、その考えはかなりの上級者でないとリスキーです。放置すると、あなたの存在も忘れられてしまいます。

出会って3日以内にアプローチするのが恋愛の鉄則。多くの場合、それ以上放置すると、相手に脈なしと判断されます。

気になる人からの連絡は、24時間以内に返信するだけで成功率がアップします。

YESでもNOでも、相手のことを思いやってなるべき早く対応しましょう。返信は早めの方がチャンスは広がります。放置は、自分でチャンスを棒に振る行為です。

 

まとめ

この記事では、モテる女性に共通するメール・LINEの「ア・イ・サ・レ」テクをご紹介しました。おさらいすると…

  • りがとうを文末に添える
  • いね!から返信をはじめる
  • すがで尊敬を向ける
  • 早いスでチャンスアップ

こんな感じです。うまく活用してコミュニケーションに役立ててくださいね。