読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

見違えるほどAmazonアソシエイトのクリックを増やす3つのコツ

ブログアクセスアップ

amazonアソシエイトのクリックを増やす

Amazon(アマゾン)アソシエイトをはじめて半月ほど。報酬は新書2冊程度ですが、いろいろ試してみて、クリックされやすい商品リンクの貼り方が見えてきました。クリックが増えれば成約数も増えていきます。

このエントリでは、初心者向けにAmazonアソシエイトのクリックを増やすコツを3つ紹介します。

 

Amazonアソシエイトは記事の最後

1000文字程度の記事なら、文末に1回だけAmazonの商品リンクを貼るのが最も効果がありました。記事の途中で何度も商品のリンクを貼ると、売り込み感が強くなり、文章を読む流れを妨げます。

主役は記事で、アソシエイトは、おまけです。

記事を完読してもらい、内容の満足度が高いとき、紹介商品に対する興味・関心が高まります。読み手の思考の流れを妨げない文章を意識しましょう。

 

自然な見た目がクリックを増やす

Amazonアソシエイトをはじめた当初は、紹介リンクは目立つ方が良いと考えていました。特に、リンク先に飛ぶボタンは派手なものを選んでいました。

しかし、ブログの雰囲気と調和しない商品リンクは、読み手の視線を流れを妨げ「押し売り」感が強まるので、クリック数が伸びませんでした。

現在は、ヨメレバの中でもシンプルなデザインのものを選んでいます。ブログ全体を見たときの自然さ、違和感の少なさがクリック数アップにつながります。

 

本文との関連度でクリック率は変わる

検索から訪れる読者は、何らかの疑問の解消を目的としています。記事で可能な限り、疑問に答えるよう努めていますが、さらに詳しい専門情報を求める人もいます。

記事の最後の紹介リンクは、そうしたニーズに応えることを意図して張っています。価格、紹介料率、人気で選定するのではなく、記事の理解が深まるか、訪問者の疑問解消につながるかを基準に選んでいます。

個人的には、書籍はタイトルだけ覚えて図書館で借りたり、取り寄せたりしてもらえば良いと考えています。あなたの疑問には、この本が役に立つかも、というスタンスです。

結果的に、詳しく説明するより購入されています。

 

まとめ

Amazonアソシエイトでクリックを増やすコツを3つ説明しました。

  • 記事の最後に1回だけ貼る
  • 全体のデザインを調和させる
  • 本文に関連する商品をすすめる

この商品リンクの貼り方は、Amazonに限らず、他の記事に導くリンク等にも応用できます。また、特に紹介商品がないときは無理に貼らないことも大切です。

 

関連記事