新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

彼女のトリセツ。怒ったときの謝り方

f:id:promotion173:20170326153451p:plain

彼女を怒らせてしまって謝っても許してもらえない。困りますね。正しい謝り方をしないばかりに関係が壊れてしまうことも。ここでは、相手を怒らせてしまっているときに使える、正しい謝り方のトリセツをお伝えします。

このテンプレを使えば「雨降って地固まる」のことわざのように、結びつきの強い関係が作れます。

 

彼女に謝るときの基本戦術

  1. 謝る
  2. 相手の感情を立てる
  3. 自分の責任を認める
  4. 今後の対策を述べる
  5. 再度、謝る

 

謝罪の言葉「ごめんね」を最初と最後に使うことから、この謝り方を「ごめんねサンドイッチ」法といいます。この方法は、彼女だけでなく女性全般に効果を発揮します。

 

謝り方の使用例と注意点

たとえば、あなた(男性)が彼女に連絡を怠り、怒っている場合で例を示します。

 

 

もう知らない!

 

 

ごめんね、寂しかったよね【謝る】【相手の感情を立てる】

 

別に

 

 

連絡しないで申し訳なかった【自分の責任を認める】

 

わかったわ。もういいよ…

 

 

これからは、夜に連絡すると決めたよ【今後の対策】

 

ちゃんとできないじゃん

 

 

ごめんね、反省しています【再度謝る】

 

 

 

女性はイラッとさせる言葉で試す

上のやりとりで重要なことが1点あります。女性は、何度かあなたが困っている様子を見ないと気が済まない性質があります。

意図的に何度か「イラッ」とさせる失礼な言葉、投げやりな言葉で、あなたを試してきます。ここであなたが「逆キレ」したら元も子もありません。

女性が、なぜそういう行動をするのか理解できないと思いますが、そこが男女の違いです。女性はそういうもの、と受け止めて最後までくじけずに謝ってください。

 

対策を言うタイミングが大事

基本的に(1)(2)(3)を繰り返し、彼女から「もうわかった」「どうするのよ?」という言葉を引き出すのが謝るときのポイント。

相手が「知らない」とか「聞きたくない」と言っているうちに、今後の対策を述べても効果が期待できません。相手の気が済むまで謝罪を繰り返し、相手が折れてくれるのを待ちましょう。

中途半端に謝ると、相手の胸の中にわだかまりが残ります。相手の怒りに付き合う姿勢が大切です。

 

まとめ

いかがでしたか? 今回は「彼女のトリセツ。怒ったときの謝り方」でした。

人は相手のことを知れば知るほど親近感がわきます。これを心理学では熟知性の法則といいます。怒らせたあとで、仲直りをするという時間を繰り返すことで、相手との信頼関係が築かれていきます。


どれだけ相手に配慮をしても、人間関係には、誤解や衝突がつきものです。王道の謝り方を知って、相手が怒ったときも逃げずに向き合いましょう。

 

関連記事

www.promotion173.com