新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

「いい加減、記事タイトルなんていやだ!」と思ったときにおすすめの本

f:id:promotion173:20171002231036j:plain

ブログのアクセスアップには「記事タイトル」を魅力的にするのが効きます。でも自分でタイトルを考えると、なかなかいい感じのタイトルって書けませんよね。ワンパターンになったり、ただの説明になったり。

なんかこう簡単に、読者が気になって読まずにはいられない、そんなタイトルがつけられるようになる方法があるといいですね。

紹介する3冊は、自分でつけた記事タイトルがイマイチだな、と思っている人やアクセスが伸びないから記事タイトルを書き直してブログのテコ入れしようかなっていう人におすすめですよ!

 

反応のいい記事タイトルが書けるようになる3冊

バカ売れキーワード1000

売れるキーワード4000語を1000のパターンに分類して収録。とにかく例文にあてはめるだけでスグ使えます。自作のタイトルに「もうひとつ気の利いた言葉を添えたい」なんてときにメッチャ使えます。個人的に一押し!

ワンパターンなタイトルから卒業!

あてはめるだけなのに高反応
集めに集めたフレーズ1000
アフィリエイターが絶賛する本

 

キャッチコピー力の基本

ひと言で読み手の気持ちをギュッととらえる技を伝授。定番のコピーの型をコンパクトに法則化。はじめての一冊に最適です。この本を使って記事タイトルを書き直せば、読み手にスルーされない「刺さる」コピーに早変わり!

基本を押さえたはじめての1冊

応用自在!コピー作りの基本書
77種でコピーの型を全網羅
一瞬で相手の心に響くテクを収録

 

100倍クリックされる超Webライティングの実践テク60

1万PVから650万PVにWebメディア「独女」を育てたノウハウを大公開! 女性の著者が書いた本で難しい理屈は一切なし。かんたん!即使える記事タイトルの型5種と読者のクリック率が100倍上がるキーワード&コンセプトリストを50収録。

本の苦手な人・女性にオススメ

女性目線でやさしいのに実践的
デカ文字!ポイント中心!
ヒットタイトルのテンプレ付

 

まとめ

以上、記事タイトル作りに役立つ本を3冊紹介しました。基本的に記事タイトルの参考書はこれで十分だと思っています。あとは実際に、キーワードをテンプレにあてはめて何通りか習作を作ることで上達していきます。

紹介した3冊は、全部持っていて今でも活用しています。それぞれ特徴がちがうので、詳しいことはAmazonの商品紹介のページも参考にしてくださいね。