新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

平均寿命の正しい見方│今75歳男性もあと12年は大丈夫!?【簡易生命表と平均余命】

平均寿命と平均余命

厚生労働省によると日本人の2016年の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳。

平均寿命の話をすると「男性は80歳前後で亡くなる人が多いのだな。自分は今75歳だから、あと5年の人生か」 などとつい勘定したくなりますが、実はちょっとちがいます。

なぜ、ちがうのでしょうか?

平均寿命とは「今の日本に生まれてきた子どもが、あと何年間生きられるか」を表した数字だからです。

つまり2016年に誕生した0歳児の赤ちゃんは、男の子なら80.98歳、女の子なら87.14歳くらいまでの寿命が期待できますよ、ということ。 つまりこの数字は国民全員に適用される数字ではありません。

厚労省の簡易生命表で知る平均寿命

平均寿命は、厚労省が毎年発表している「簡易生命表」で知ることができます。これは主に「平均余命」を示す統計です。

平均余命とは「あと、何年生きられるか」という期待値のこと。その年の死亡状況が今後も変化しないという前提のもとで、 1年間の死亡者数などから性別・年齢別に細かく計算して出されています。

簡易生命表2016年版

2016年の簡易生命表を一部抜粋します。詳細な数字は、厚労省のサイトで閲覧できます。

年齢 男性 女性
0 80.98 87.14
5 76.20 82.37
10 71.23 77.39
15 66.26 72.42
20 61.34 67.46
25 56.49 62.53
30 51.63 57.61
35 46.78 52.69
40 41.96 47.82
45 37.20 42.98
50 32.54 38.21
55 28.02 33.53
60 23.67 28.91
65 19.55 24.38
70 15.72 19.98
75 12.14 15.76
80 8.92 11.82
85 6.27 8.39
90 4.28 5.62

この表を見るとわかるように、男性の平均寿命が80.98歳ということから「今75歳の男性が、あと5年程度の人生か」というのは違って、 あと12年ほど生きられる期待値があるということです。

ただし期待値は、起こり得る値の平均値ですから、現実は、それより長い場合も短い場合もあります。 またこの簡易生命表は、毎年更新されます。そのたびに平均寿命は伸びる傾向があります。ちなみに1900年当時の日本人の平均寿命は44歳でした。


世界の平均寿命は71.4歳│2015年

2015年の世界保健機構(WHO)の発表した統計では、世界の平均寿命は71.4歳。男性が69.1歳、女性が73.8歳です。

世界一寿命の短い国はシエラレオネ。
西アフリカの大西洋側にある国で、平均寿命は50.1歳です。生まれる国が違うだけで、これほどにも平均寿命に差ができてしまうのです。

おわりに

以上、平均寿命について説明しました。英語では「時間こそが人生(Time is life)」という言葉があります。

あなたの平均余命はあとどの程度の期待値でしょうか?

人間は、日常的には「死」を忘れています。統計的な数値はあっても、それが自分のこととして理解できないのです。 ときには簡易生命表で平均余命を確認して、残された時間に目を向けることも大切かと思います。