新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

ブログは「です・ます」調と「だ・である」調のどちらがいい?

ブログの文体「です・ます」「だ・である」

あなたのブログは「です・ます調」と「だ・である」調のどちらで書いていますか。「です・ます」調は敬体、「だ・である」調は常体といいます。

どちらを使うかで、読み手に与える印象は大きく変わります。このブログでは、内容に応じて、敬体、常体を使い分けています。

「です・ます」と「だ・である」の使い分け

一般的に敬体の「です・ます」調は、特定の人に向けて書くときに使われます。たとえば、メールを書くときです。一方、常体の「だ・である」調は、公的な文章に使われます。論文など不特定の人に書くときは「だ・である」調です。

ブログは例外で、不特定の読み手に向けて書いているのに「です・ます」調を使うことが多いようです。理由は、言葉の印象とテンポにあります。

  • です・ます調は、読み手が明確
  • だ・である調は、読み手が不特定
  • ブログは「です・ます」調が多い

敬体「です・ます」の印象とテンポ

敬体の「です・ます」調が読み手に与える印象は、柔らかさ。敬体を使うことで、文字通り読み手に敬意や謙虚さを伝えられる文体です。

この敬体の柔らかな印象で「です・ます」調は、ゆるやかなテンポを作るのに適しているといえます。

 

敬体は「柔らかい」印象がある反面、押しが弱いという欠点があります。説得力に欠けてしまうということです。一文が長くなる性質は、テキストを間延びして感じさせます。無駄のない構成を心がけましょう。

 

 

常体「だ・である」の印象とテンポ

常体の印象は「剛」。常体を使えば、読み手に文章の力強さ、押しの強さを伝えることができます。断定して書くので説得力につながります。

また常体は、文章を短くすることができます。淡々と論を展開するイメージには潔さも感じられます。テンポの速いテキストを書くときは、常体の「だ・である」が適しています。

 

常体は「剛」の印象が時として欠点になります。偉そうな感じを読み手に与えてしまうことがあるからです。断定的なもの言いが、傲慢だと捉えられるのです。ブログで常体が少ないのは、この点に配慮しているのでしょう。

 

 

まとめ

最後に敬体の「です・ます」調と常体の「だ・である」調の特徴をまとめておきます。

f:id:promotion173:20161114210714p:plain

わたしの場合は、文章の書き方やノウハウ記事を書くときは、敬体の「です・ます」調。エッセイを書くときは、常体の「だ・である」調を用います。

文章の練習では「です・ます」調で書くと技術が上がります。文章が長くなりがちな点と文末に変化がつけにくい点で、敬体は難しいのです。どちらも自在に書き分けられるようにしておくと良いですね。

関連記事