新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

学級崩壊で学力低下!家庭学習はスタディサプリの映像授業で対策

f:id:promotion173:20180505002422j:plain

生徒がザワついて授業ができない。
実は、学級崩壊に悩む先生は多いのです。

現在、学級崩壊の割合は5%
20クラスに1クラスは、まともな授業にならないそうです。

これは発表された数字なので、かくれた学級崩壊はもっと多いのではないでしょうか?

そのため「授業をきちんと聴いていればよい」という昔ながらの考え方は通用しません。

調査でも、学級崩壊したクラスの成績は、そうでないクラスより低いことが明らかです。

学習塾に通うか、家庭学習を強化するか。
いずれかの対策を講じなければ、学力の低下は避けられないでしょう。

この記事では、不運にもまともに授業が成立していない教室にあたってしまったお子さんの保護者に向けて、学習塾と映像授業による家庭学習について解説します。

 

学習塾利用の現状は

文部科学省の平成28年度子供の学習費調査によると、公立小学校の生徒の1年間の学習塾費は約57,000円で公立中学校の生徒の1年間の学習費は約202,500円です。

小学生は月々5,000円、中学生は月々17,000円を塾に支払っているのです。

この費用負担はとても大きいのですが、学習塾に通う比率、通塾率は、小学生は46.6%、中学生は61.3%に上ります。

なぜなら、保護者の多くは、学校の授業が崩壊している場合、学校の授業のみに頼った学習計画では、学力差がひろがる一方だと知っているからです。

 

学習塾の費用負担が困難な家庭

みんな塾に通っているのね。
でも、これだけの月謝を払うのは…。家で勉強するだけじゃホントにダメなのかしら。


現状は理解できても、学習塾に通わせる経済的な余裕がない家庭もあるでしょう。

国税庁による民間給与の実態調査(平成27年度)では正規社員の平均年収は485万円、非正規の平均は171万円です。

現在3人に1人は非正規労働者で、給与は正規雇用の40%以下ですから、こうした家庭で通塾費を支払うのは困難です。

しかし、現在は家庭学習に通信による映像授業を取り入れることで、学習効率を上げ、通塾にも勝る成果を上げることが可能です。

 

家庭学習にスタディサプリを導入

家庭学習で通塾以上の成果を上げるには、学習と演習を最適化することです。

具体的には、家庭学習に「スタディサプリ」を導入し、映像授業を家庭で受けられる環境を作りましょう。

堀江貴文氏も効率的な学習教材と言及

weblog.horiemon.com

月額980円(税抜)の定額で5教科の映像授業を受け放題で、問題演習とプロ講師の解説授業で効率的に知識を身につけられます。

テキストはダウンロード(無料)して印刷するか、1冊1,200円で別途購入できます。

月額980円(税抜)だけでも利用できます。ただしテキストはダウンロードするより本になっているものが使いやすいです。

仮に、テキストを10冊購入しても月額利用料との年間総額は25,000円以下。通塾よりも家計の負担が少ないです。


授業内容は、下記から無料で試聴できます。

<スタディサプリ>93%が分かりやすいと答えた授業を今すぐ試せる

 

スタディサプリの注意点

スタディサプリは家庭学習の有益な教材ですが、3つ注意点があります。

  • 学習計画を自己管理すること
  • 映像授業を小さな画面で見ないこと
  • 問題集で実力試しをすること

家庭学習と塾の違いに、学習計画の管理があげられます。家庭学習では、毎日どれだけの勉強をするか自己管理する必要です。

小学生のうちは、塾の講師の代わりに保護者が学習計画を管理するといいでしょう。

子どもの学習記録を、保護者にお知らせする機能も充実。ほめてあげることで子どものやる気はアップします!


また、映像授業をスマホの小さな画面を凝視すると姿勢や視力に影響しかねません。できるだけパソコンやタブレットで見るようにしてください。

スタディサプリは、Fire TV Stick (New モデル)を使えば、ご家庭の大きなテレビで映像授業を見ることができます。この方法がもっともおすすめです。

最後に、映像授業を見たら必ず問題集やドリルで理解度を確認してください。

タブレット学習、映像授業全般に言えますが、授業の内容が練られているので、自分の実力を錯覚しやすいです。

知識の理解度は、問題集にあたってチェックする必要があります。

 

通塾よりもメリットが多いスタディサプリ

2017/12/5 23:12

前項の注意点を意識して使えば、スタディサプリは通塾よりもメリットがあります。

  • 有名講師の授業を受けられること
  • 苦手科目の過去の授業も見られること
  • 独習の習慣ができること

特に独習の習慣は、身につけば生涯役に立つものです。

塾は集団授業です。
学級崩壊で学力が低下し塾に入ったものの、学級崩壊の原因になった子が入塾し意味がなかったという話もあります。

それなら時間と費用をおさえた家庭学習で最大限の成果を上げた方が良いのではないでしょうか。

まずはお試しで、実際にお子様にスタディサプリを体験させてみて続けられそうか教材との相性を確認してください。


前年の苦手科目で、つまずいた部分をお試しで見るのがおすすめです。

関連記事
小学生のテスト前日の勉強はどうしてる?│兄姉のテストで成績アップしよう