読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

時計のゾロ目をよく見る意味とは?

男女の心理学

時計のゾロ目をよく見る

長女と話をしていたら、最近、時間を見るとエンジェルナンバーに当たることが多いといいます。数字のゾロ目で、2時22分、3時33分などのことです。長女は、3時33分を頻繁に目にするそうです。「すごくない?」と訊かれますが、「全然」と答えます。

 

ゾロ目をよく見るのはなぜ?

将来、当家からスピリチャル・エリートを輩出するわけにはいきませんから、子供に理由を説明します。なぜ、3時33分をよく目にするのか。長女は3時に学校から帰り、おやつを食べて、4時前には公文の教室に通っているからです。

3時から4時の60分間に1度だけ時計を見て「33分」を目にする確率は1/60。でも、実際は、おやつを食べた3時21分から公文の準備をする3時40分、この20分間に時計を見ています。つまり33分を見る確率は1/20です。

1週間続けると、1度でも3時33分を見る確率は約30%です。1-(19/20)^7=0.301。不思議は何もありません。

現実には、もっと何度も時計を見ている可能性もあります。人間は、印象に残ったことを優先して記憶するので、ゾロ目やエンジェルナンバーでないときは、覚えていないのです。

 

印象に残ることは意味を錯覚しやすい

長女の場合、もともと高い確率で、ゾロ目を見られる環境にありました。しかし、それを考慮せず、何度か3時33分を目にするうちに、スピリチャルな解釈をしたのでしょう。あなたは、これを子供のたわごとと笑えるでしょうか。

よく「お金は必要な時に天から降ってくるから管理しなくても大丈夫」という話を聞きます。これも、困ったときに、偶然お金が入った印象を強く記憶しているのが原因です。

こうした現象は、陰になり日向になり、あなたを助けている誰かが「意思」でもたらした現実です。あなたにとってのスピリチュアルは、あなたを見過ごせない誰か(エンジェル)の、困った現実として存在しているのです。