新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

意外と知らない動物・昆虫の数え方

動物や昆虫の数え方

動物や虫の数え方を知っていますか?

この質問をすると「匹」「頭」が思い浮かぶのではないでしょうか。 ライオンが1頭、クマが1頭、犬が1匹、ネコが1匹。このように「頭」や「匹」は動物の代表的な数え方。

でも「頭」や「匹」の使い分けってわかりますか。


頭や匹の数え方のルール

あまりに身近で考えたことがなかったかもしれません。実は、動物の頭や匹には、 基本的な使い分けの法則があります。

頭・匹の数え方

  • 人間より大きな動物は「頭」
  • 人間より小さな動物は「匹」

ライオンもクマも人間より大きいから「頭」で数えます。一方、犬や猫は人間よりも小さいから「匹」で数えます。これが動物の 数え方の基本です。しかし例外もあります。


頭や匹の例外

ライオンは、人間より大きいので頭で数えます。けれども生まれたばかりの人間より 小さいライオンはどう数えるのでしょうか。

この場合は、「頭」でも「匹」でも大丈夫です。動物が成長し、体が大きくなるにつれ「頭」を使うようになります。

また人間より小さい動物でも「頭」を使う場合が2つあります。


人間を助けてくれる動物は「頭」

盲導犬、警察犬、救助犬などの犬や新しい薬を開発するための実験に使う マウスなど、人間を助けてくれる動物は、人間より体は小さいですが「匹」ではなく「頭」で数えます。


絶滅のおそれがある動物は「頭」

また絶滅のおそれがあったり、人間にとって価値のあったりする動物は 体の大きさに関係なく「頭」で数えます。

たとえば、沖縄県西表島のイリオモテヤマネコは、ふつうの飼い猫と同じくらいの 大きさですが、絶滅のおそれがあるので「頭」で数えます。


蹄のある動物は蹄(てい)を使う

馬は人間より大きいので基本は「頭」で数えます。しかし、馬やイノシシ、鹿などは 足に大きくて固い爪(蹄│ひずめ)を持っているので、蹄(てい)で数えます。

馬の場合は、4本の足に蹄があるので「4蹄」です。馬1頭は4蹄というわけです。しかし、イノシシや鹿は、馬と同じく足が4本 ありますが、1頭を「1蹄」で数えます。これは不思議ですね。


羽のある鳥の数え方は?

鳥は「羽(わ)」で数えるのが基本です。理由は単純で鳥には「羽」があるからです。鳥はスズメやインコのように小さくても、タカのように大きくても 「羽」で数えます。


飛べない鳥の数え方も基本は「羽」

鳥の中には、空を飛べない生き物もいます。ダチョウやペンギンなどです。これらは、飛べませんが、羽はあるので、 同じように「羽」で数えます。

ただし、ダチョウは「頭」、ペンギンは「匹」で数える場合もあります。空を飛べない生き物は、動物の数え方を当てはめることがあるのですね。


クジャクは「面」で数えることも

クジャクも羽がありますから基本は「羽」で数えます。しかし、ある理由から「面」で数えることもあります。その理由は、おわかりですね?

オスのクジャクは、羽を広げると扇(おうぎ)のような姿になります。扇は「面」と数えます。そのためクジャクは扇の数え方と同じ 面で数えられるようになったのです。


なぜウサギは「羽」と数えるの?

ウサギの数え方も動物の数え方にならい1匹、2匹と数えます。けれども、昔はウサギを1羽、2羽と数えました。ウサギは鳥でもないのに、なぜ「羽」で 数えられたのでしょうか。代表的な説を3つご紹介しましょう。


仏教の戒律を逃れる方便

仏教では、牛や豚、ウサギなどの4本足のけものを 食べることが禁じられていました。どうしても食べたくて辛抱できなくなったお坊さんが、後ろの2本足で立つことのできる ウサギを「これは鳥だ」と言って食べたからという説があります。


ウサギの耳が鳥に見えたという説

長い耳が鳥の羽に見えたこと、さらに野山を走るウサギが空を飛びまわっている鳥のようなので、鳥の 数え方「羽」をあてはめたのではという説もあります。


把が転じて「羽」になったという説

ウサギの長い耳をくくって、束という意味の「把(わ)」と数え、それが転じて「羽」と 数えるようになった説があります。

あなたはどの説を信じますか。


昆虫の数え方は「匹」が一般的

ここまでは動物や鳥の数え方を見てきました。では、虫はどう数えるのでしょうか。

昆虫は、動物と同じように数えます。昆虫は、ほぼすべて人間より小さいので「匹」を用います。チョウもガもトンボもカブトムシも すべて「匹」で数えればまちがいありません。しかし、チョウは昆虫なのに「頭」を使うこともあります。


なぜチョウは「頭」で数えるのか?

明治時代のはじめに英語で書かれた論文に、チョウを「one head」「two heads」と頭を意味する「head」で数えていた記述があります。これをそのまま 訳したため、チョウを「1頭」「2頭」と数えるのではないか、という説が有力です。

また、チョウの標本を作るときは、頭があることが重要なので、「頭」で数えるようになったという説もあります。 ちなみに、ガは姿がチョウに似ていますが「匹」で数えます。

学問の世界では、チョウに限らずトンボ、カブトムシも「頭」で数えます。 ふだん何気なく使っている数え方も分類してみると楽しいですね。


こちらもオススメ!時計のゾロ目をよく見る意味とは?
バイオリズムと還暦のふしぎ