読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.73BLOG

文章術│広告の作り方│エッセイ

顔写真で広告効果アップ!主婦層にはベビーフェイスを打ち出す

広告・販促の方法 男女の心理学

広告効果を上げる顔写真

ハーバード大学の生物学者、エドワード・O・ウィルソンは、著書で「人間は、生物界に対する本能的な愛情を持つ」と述べています。

なかでも、ベビーフェイス「童顔」への愛情は特筆すべきもの。人間は、本能的に赤ん坊に似た顔を好むのです。

丸顔、広い顔、小さな鼻、明るい肌。ベビーフェイスは、このような赤ん坊に共通する印象を持つ顔のこと。こうした顔写真は、見る人に安心感や純粋さ、正直さを芽生えさせる働きがあります。

 

広告効果を上げるベビーフェイス

商品PRにベビーフェイスを使うと、そうした心理的な働きから、商品購入への抵抗感を薄めることができます。誰もが赤ん坊をかわいいと感じ、守りたいと思う心理を持っているからです。

また、笑顔の人物も印象を向上させる効果があります。

笑顔ばかりの写真を並べたポスターを見かけますが、これも印象向上を狙ったものです。写真が使えない場合は、かわいいキャラクタやイラストでも同様の効果が得られます。

したがって、広告に「利用者の声」「体験談」に使う顔写真は、ベビーフェイスで笑顔の写真を選ぶと購買抵抗を下げ、反応率が高まります。

 

専門性や権威を伝える顔写真は?

一方で、ベビーフェイス以外の顔写真が広告効果を上げる場合もあります。

それは「専門性」や「権威」を読み手に伝えたい場合です。専門性や権威を訴求するには、はっきりとした顔立ちの成人男性の写真がおすすめです。

開発者のコメント、学者の推薦等を掲載して商品に権威づけをする場合、幼い顔写真を使うと説得力が乏しくなるからです。