読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

文章校正ツールを使って読みやすい記事を投稿しよう

校正ツールで記事を読みやすく

文章を書き上げて投稿する前に必要な作業が校正です。校正とは、言葉の誤りや不備を直したり、読者が読みやすい表現にあらためることをいいます。自分の目で文章を確認しても良いのですが、校正サイトを利用すると効率的です。

このブログでは、投稿前に次の「文章校正ツール」を使用しています。

文章校正ツール

 

文章を校正ツールの使い方

文章校正ツール画面

使い方は簡単です。ブログの記事入力画面のテキスト、エディタに入力した文章をコピーし、文章校正ツールの検査対象の文章欄にペースト。その後、左下の「検査」をクリックすれば完了です。

結果は「問題点の概要」として表示されます。主な指摘は次のとおりです。

  • 助詞 不足の可能性あり
  • 表外漢字あり
  • 二重否定
  • 機種依存または拡張文字
  • ら抜き
  • 不快語
  • 誤用
  • 用字

 

問題点の訂正方法は?

この校正ツールでは、問題点の指摘だけでなく、言い換えの候補も示します。表外漢字、機種依存または拡張文字、不快語、誤用は、必ず訂正しましょう。

表外漢字とは、常用漢字ではない漢字。新聞で使わない漢字です。ひらがな、やさしい言葉に直すことで、誰にとっても読みやすい文章が書けます。

機種依存または拡張文字は ① が代表。読者の環境によって、正しく表示されない可能性がある文字です。この場合は (1) に直すことで、どの機種でも同じように表示されます。

不快語は、安易に使わない方が良い言葉です。この校正ツールでは、「都会っ子」などで指摘されます。

誤用は、文字どおり誤った言葉の使い方です。正しい用法にあらためることで、文章の説得力が高まります。

用字の指摘は、直さなくても良い言葉も示されます。言い換え候補欄を参考に、必要に応じて訂正しましょう。

 

まとめ

校正ツールを使うと、自分では見つけられない文章の誤りに気づくことができます。うっかり難しい漢字や言葉を使っている場合も「用字」「表外漢字」の指摘で確認できます。

しっかり校正して、読み手にやさしい文章を投稿しましょう。

文章校正ツール