新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

SNSからブログに導く投稿文の書き方

f:id:promotion173:20160811020145p:plain

ブログを書いたらSNSに記事のURLを投稿して、たくさんの人に読んでもらいたいですよね。SNSでは、シェアされやすい投稿文の書き方があります。ここではTwitterとFacebookの最適な導入文の書き方をご紹介します。

Twitter投稿文のポイント

f:id:promotion173:20160810235357p:plain

数字を使い簡潔明瞭に書く

twitterは140文字という字数制限があります。短い文章で読者の興味・関心を引く文章を書かなければなりません。簡潔でわかりやすい言葉を使うのが最初のポイント。

長々とした表現や略語だと読みづらい印象を与えます。限られた字数でわかりやすい投稿文を書くには「具体的な数字」を活用します。

例│Twitterの投稿文
1週間でアクセスが50PVから1000PVに。毎日5分、初心者でも簡単に実践できる手法をこのページで特別に公開しています。http://○○.com/

 

投稿文は100文字を目安にする

Twitterには引用リツイート機能があります。一言コメントを添えても140文字を超えないよう投稿文は100文字程度に留めましょう。記事のURLが長い場合は、短縮してから投稿することをおすすめします。

Facebook投稿文のポイント

f:id:promotion173:20160810235415p:plain

最初の一文目で読者の興味を引く

Facebookでは、投稿文が友達のウォールに掲載されます。流し読みされないためには、まず一文目で読み手の目を引く工夫をしましょう。目にした瞬間「え?」と興味を持ってもらえばしめたもの。本文をクリックされる可能性が高まります。

例│Facebook投稿文
・最近、Facebookに投稿しても「いいね!」されないと思いませんか?
・SNS疲れの方へ


上の文例のように、読者の問題意識を指摘する内容や質問で語りかける文章にすると効果があります。一文目にこだわりましょう。

視覚に訴える

 ウォールに流れるほかの情報に埋もれないためには、視覚に訴えることが大切です。テキストだけの投稿よりも画像を入れたり、リンク先のURLを張りサムネイルを表示させたりしましょう。アイキャッチの画像を工夫するのも効果的です。

まとめ

Twitterでは100文字を目安に簡潔な表現を心がけましょう。短い文章で読み手の関心を引くには「数字」でアピールするのが効果的です。一方、Facebookでは、一文目で語りかける文章を入れましょう。サムネイルを表示して視覚に訴えることも忘れずに。

関連記事