新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

還暦祝いに超おすすめのプレゼント!赤いものならコレ一択

f:id:promotion173:20171105153454j:plain

還暦は「本卦ほんけ返り」といい、字の通り暦が一巡して元へ戻ることを意味しています。昔の暦は「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」の十干じっかんと、「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」の十二支の組み合わせで表されています。

せっかくなので、読み方を紹介しておきます。

きのえ つちのと
きのと かのえ
ひのえ かのと
ひのと みずのえ
つちのえ みずのと


十干の10と十二支の12の最小公倍数「60」で暦が一巡するのです。

数え61歳のお祝い還暦の意味

生まれ年と同じ干支が巡ってくるのは60年目。年齢の数え方は、数え年、つまり生まれたときを1歳とみなすために、数え61歳で還暦を迎えることになります。

数え61歳(満60歳)という年齢は、今日では長寿とは考えませんが、平均寿命が今よりもずっと低かった時代には、相応に長寿の年齢であるとみなされました。織田信長が舞う敦盛の「人生五十年」からもわかりますね。

 

なぜ還暦に赤いもの?

還暦祝いに赤いチャンチャンコが贈られる習慣は、広く知られています。なぜ、還暦の贈り物は、赤いチャンチャンコなのでしょうか?

これは、還暦は暦が一巡することから一種の「生まれかわり」を意味する儀礼だからです。還暦は「二度目の誕生」を祝う意味がありました。

そうした意味から、赤ちゃんに着せる産着をイメージした袖なしの羽織であるチャンチャンコを贈ったのです。

 

 

チャンチャンコにはもうひとつ説があります。若いときは振袖を着るでしょう。両袖が長いということは、それだけたくさんの人の助けを借りているということです。

結婚すると訪問着やつけ下げなど、袖の長さが短くなり、六十歳の還暦になる頃には、袖がなくなります。袖の長さにも無言のメッセージが込められているのかもしれませんね。

 

 

 

色が赤なのは、「赤」つまり昔の「朱色」には、魔除けの意味があったから。今日でも、還暦を迎えた人に、赤色のマフラーや帽子などをプレゼントしたという話をよく聞きますね。

このことからもわかりますが、大切なのは「チャンチャンコ」ではなく「赤色」の衣類を贈ることといえます。

 

還暦のプレゼントに電気ひざかけ

実は、わたしも数年前に母に還暦祝いの品をプレゼントしたことがあります。食事会を催して、プレゼントに「赤いチェック柄の電気ひざかけ」を贈りました。

 

 

ちきりんも毎年おすすめしています!

ちきりん日記で商品の存在を知ったのですが、贈って数年になりますが、毎年頻繁に使ってくれます。ファンヒーターを入れるほどではないけれど、ちょっと暖をとりたいときに重宝するようです。

人間は、体感覚と心がつながっています。この電気ひざ掛けで、暖をとるたびに、わが子のあたたかい心を感じてもらえる作戦です。チェックポイントは…

 

  • 電気代の節約に効果絶大
  • 足元だけ温かく眠くならない
  • 空気が汚れず乾燥しないから風邪をひかない
  • 毛布が取り外せて洗える
  • 消し忘れても火事になりにくい
  • 電気カーペットよりも温かい

こんな感じです。今まで贈ったものの中でいちばん好評のもので、還暦祝いだけでなく、冬場に女性にプレゼントするのに好適です。

実は奥様にも1枚プレゼントしました。夜中ひとりでリビングでDVDを見るときに体に掛けて使っています。下のリンクから在庫を確認できます。

 

まとめ

以上、還暦についてと、還暦祝いにおすすめのプレゼントをひとつ紹介しました。

現在は60歳といっても、まだまだ元気で嘱託で仕事を続ける人もたくさんいます。ひとつの節目として還暦をとらえ、心機一転、人生を楽しむのがよいのではないでしょうか。