読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

「自分の時間」が欲しいならループの高速化が決め手です

f:id:promotion173:20170331232432p:plain

仕事が遅い、時間がかかる。こういう人は、いつも同じ作業を0から繰り返しています。手間をできるだけ省略して、短時間で成果を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。

ここでは、ループを見直して作業を高速化する方法を解説します。

 

ループの高速化とは?

ループとは、毎回、繰り返す同じ作業をいいます。この作業を見直すと、効率が一気に上がり高速化できます。

プログラマは、繰り返しの作業を徹底的に改善します。そうすることで、アプリケーションの処理速度が上がり、マシンの負担を軽減できます。仕事術や仕組みの本をプログラマが書くと、「ループ」の高速化は、必ず言及されるテーマです。

 

参考書籍

 

ループの高速化の方法

繰り返しの作業を高速化するには、主に2つの方法があります。

  1. 繰り返しの作業を簡単にする
  2. 繰り返しの作業をやめる

1は、いつもやっている同じ作業を別の作業に置き換えて高速化する方法です。2は、事前の工夫で、繰り返しの作業そのものをなくしてしまう高速化です。具体例をあげます。

 

繰り返しの作業を簡単にする例

たとえば、たくさんの書類に名前を書く作業を印鑑を押すことで代用するのは、繰り返しの作業を簡単にする例といえます。

請求書の確認で1枚ずつ、名前を記載したら大変でしょう。印鑑という代替品でループ処理は高速化されます。シャチハタなら、朱肉をつける作業も不要です。

 

繰り返しの作業自体をなくす例

たとえば、女性は永久脱毛で、ムダ毛の処理にかかる手間や時間をループから削ることができます。

我が家の奥様は、眉が薄く、毎日時間をかけて描いていましたが、眉の入れ墨をしたことで、化粧というループ作業からこの手間をなくしました。

こうした事前の工夫で、繰り返しの作業を減らし高速化できます。

 

ループの見直しはトレードオフ

繰り返しをなくすことは高速化を図るメリットだけではありません。他方で別の何かを失うデメリットもあります。これはどういうことでしょうか?

たとえば、眉に入れ墨をするのは、自分の好きなように眉を描く自由を失うことを意味します。大事なことは、ループを改善し高速化することで失うものもあると知ること。

ループは「何を優先するか」を考えて見直す必要があります。

 

優先順位を考えないループ改悪

たとえば、各種ウェブサービスのログインパスワードを同じにする。これは、ループの改悪です。パスワードを統一すれば、繰り返し入力する作業は高速化されラクになりますが、セキュリティは弱くなります。

高速化と引き換えに安全性を失えば本末転倒。これはループの改悪といえましょう。

 

まとめ

いかかでしたか? 以上、仕事の効率を上げ高速化する「ループ」の見直しについて説明しました。繰り返しの同じ作業に注目すると、無駄や効率化の鍵が見えてきます。

高速化で得られる効用と失われるものを比較し、成果を最適化してくださいね。