読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

モテる男のLINEの内容を分析してみた

モテる男のLINEの内容

LINEで男性が女性にメッセージを送ると、送り手の男性がモテるか、モテないか、女性は一瞬で見抜くそうです。私は、100%モテないLINEを送ってしまう派です。

要件を簡潔に伝える。男性視点では、これが相手への配慮だったりします。しかし、無駄のない業務連絡のようなLINEは「冷たいヤツ」と思われ、女性の評価が低いのです。

 

分析で判明!モテ男LINE3要素

まずはダメなメッセージの例を示します。

情報だけのダメなLINE渋谷のカフェに午後3時だけど、ちゃんと来られる?

 

文章的にはおかしい点はありません。しかし、このようなLINEだと既読スルーされる可能性が高いです。業務連絡、情報だけの内容に見えるからです。

 

女性にモテるLINEは、メッセージに「情報」+「感情」+「特別感」の3つが入っています!

 

 

上の例文は、情報だけの内容で、感情と特別感が入っていません。これらを加えると女性の心にグッとくるメッセージに早変わり。まずは、例文に「感情」を加えてみましょう。

文末に、相手を気づかう言葉を足して感情を伝えてみます。

 

情報+感情のLINE渋谷のカフェに午後3時だけど、ちゃんと来られる? 心配だからさ。

 

かなり良くなった感じがしませんか。今度は、これに「特別感」を加えます。

 

情報+感情+特別感の好印象LINE渋谷のカフェに午後3時だけど、ちゃんと来られる? 心配だからさ。いつもはこんなこと言わないけれど、○○さんだから。

 

書いていてくすぐったくなるような「君だけ特別」というメッセージが加わりました。男性視点だと恥ずかしい文章ですが、女性は、誰もが「特別」願望を持っています。

これは女性の本能です。出産・育児と高負担を強いられる女性は、男性に対して、特別に扱ってほしい、大事にされたい、と無意識で感じるからです。

このように「情報」+「感情」+「特別感」で構成されたLINEは、女性の好印象につながるのです。

 

モテるLINEが裏にハマる!?

このLINEの書き方は、逆効果になる場合があります。逆効果になる場合は、すでに相手から嫌われているときです。その場合、相手は「キモい」と嫌悪感を示すでしょう。

前項の女性の本能に関係しますが、配偶者に適さないと判断した相手から特別に扱われるのは、危険(損)でしかないからです。

モテるLINEの書き方が効果を発揮するのは、相手からフラット以上の印象を持たれている場合に限られます。

 

同じLINEの内容でも、相手によってウレシイときとキモくてウザいときがあるわ。

 

 

 

まとめ

モテるLINEの書き方のポイント

  • 情報+感情+特別感の要素入れて書く
  • すでに嫌われている場合は逆効果

この書き方は恋愛案件だけでなく、ふだんの女性とのコミュニケーションにも効果が期待できます。私は女性の部下を何人か預かっていますが、情報だけの声かけに偏ると、職場の和やかな雰囲気が損なわれていきます。

意識して「情報+感情」「情報+特別感」とバリエーションをつけて接することが、ときには必要だと感じています。ただし3つを揃えて使うのは控えています。

なお、本文の「モテる」の表現は「好印象」のニュアンスです。