読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

鏡の法則 ‐現実の教え‐

鏡の法則

鏡の法則は身近に存在する!?

鏡は、水銀などで金属メッキを施したもので、ほぼ100%光を反射します。水銀を薄く塗って、少しだけ光を透過するようにしたものが、マジックミラーです。片側からは鏡に見えますが、反対側からは透けて見える性質があります。

これが現実にある鏡の法則です。

 

なぜ片側からだけ鏡に見えるのか?

明るい側から暗い側が見えないのは、外側は太陽の強い光が反射し、内側から透ける弱い室内の光をかき消してしまうからです。そのため夜になって外が暗くなると、今度は外側から部屋の内側が見えて、部屋からは外が見えにくくなります。

マジックミラーは仕組み上、暗い側から明るい側は見えますが、明るい側から暗い側の様子が見えにくいのです。この鏡の性質を利用して、マジックミラーは、サングラスや防犯ガラスなど身の回りのさまざまなところで活用されています。

 

人間関係にも鏡の法則はあてはまる

ところで、この魔法の鏡の法則(マジックミラーの性質)は、人間にも当てはまると思いませんか。自らが輝いているとき、くすぶっている人の気持ちや様子を伺い知ることはできません。逆に、暗い境遇にある人は、明るく活躍している人が羨ましくなるほど、良く見えます。


また輝いていた人が落ちぶれて、暗い側にいた人の気持ちに気づくこともあります。人間関係だけでなく、若さや健康なども同じ性質かもしれません。健康なときは、自分の健康を意識できませんが、病気になると健康の有り難さに気づくものです。

人生はマジックミラーに似ています。明るい側からは暗い側を見通すことができず、暗い側からは明るい側がはっきりと見えます。この鏡の法則は、自分の現状を把握する判断基準になるでしょう。あなたは今、周りがよく見えていますか?