新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

女性誌おすすめ!雑誌Martでキメる。ブログの記事タイトル12選

Martに学ぶ!記事タイトル

ブログの記事タイトルって悩みますよね。いろいろな書き方があるけれど、ターゲット層が読んでいる雑誌を参考にするのがオススメです。

雑誌は、読者層を細かく設定しています。ブログと同じ読者層を対象にした雑誌を参考にすると「わたしのこと?」と、刺さるタイトルができますよ。2017.5.8更新

 

 

雑誌はタイトルのヒントが満載!

今回は、光文社の雑誌Martでよく見る記事タイトルの型をピックアップ。この雑誌は、子供を持つ30~40代の主婦層がターゲットです。

参考にすると、ネットでありがちなタイトルとは一味違う、オリジナルのタイトルがつけられます。さっそくMartの記事タイトルを見ていきましょう。

型、例、解説の順で紹介しています。

新登場・初公開・最新・誕生型

  • 海外特派員ミセスからの最新情報
  • 濃厚なザッハトルテ味新登場です!
  • 「ネイビーストア」誕生

主婦に限らず、新情報は目を引きます。新しい話題は、ニュース。「新しいお店ができた」という話題は誰もが関心を持ちますよね。

新しい話題があれば、積極的にタイトルに取り入れましょう。

 

質問・問いかけ型

  • 毎日のデニム、おしゃれな人はどうしてる?
  • 自分の時間ができたらなにを始めますか?
  • 空のペットボトルや野菜どうしていますか?

 

質問をして読者に関心を持ってもらう方法。問題の答えを考えるのは、読者が「自分事」として捉えている証。

日頃、読者が気になっていることを質問形式でタイトルに入れてみましょう。

 

今どきの世の中教えます型

  • いまこれが流行ってます!
  • おもてなしの”必須事項”みなさんこんなこともしています
  • 調味料がまたまた話題です
  • みんなの「外ごはん」事情
  • ベーカリーの人気エコバッグ

 

女性や主婦は、流行が気になってしかたがありません。家事と育児で「世の中から取り残されちゃうのでは?」と心配なのです。

今、なにが流行っているか、にとっても敏感です。

 

注意喚起型

  • 初めて人を招くときこそ気をつけたい
  • 学校行事で忘れちゃいけない
  • 送り迎えドレスコード

 

ステキはムリでも、恥をかくのは絶対イヤ。だから「最低限知っておくべきこと」を教えてくれるタイトルは、読んでおきたい。そんな主婦の気持ちに刺さるコピーです。

 

成功体験の報告・告白型

  • 見直してみたら家族まるごとおトクでした!
  • 買って正解だったのコレでした!
  • とっておきの収納法見つけました!
  • 子供の野菜嫌いを克服しました

 

Martでよく見るタイトルの型。それだけ効果のあるってこと。

ポイントは、現在形「です」ではなく、過去形「でした」で語る。成功した私を褒めて、あなたもマネて、のスタンスです。

感嘆符の多用も特徴です。女性は、ほかの女性の成功、ハッピー体験を見て「自分もそうなりたい」と思うものです。

 

究極の選択型

  • つくっていく?買っていく?外ごはん事情
  • 子供部屋、すぐに買うべきもの・そうでないもの

 

二択で問うタイトルです。賛否両論「どちらを選べば正解なの?」と悩ましい。そんな話題は関心が高いです。

住まいなら「購入派・賃貸派」、学校なら「公立?私立?」など、対立させると効果的です。

 

ママの「心の声」表明型

  • 新学期はママだって変わりたい!
  • 周りの友人が完璧に見えて落ち込むことがあります
  • 私が主役!家族と楽しむ「母の日」って幸せ
  • これだけは言わせて!
  • 出会いの季節はどんなシーンも好印象で始めたい

 

胸のうちを、言葉にしたタイトルは「私のことだ!」と共感されます。誰でも秘めた願望や本音があります。それをストレートに書いてみましょう。 

 

「ちょっと」型

  • 簡単なのにちょっと贅沢
  • ちょっといいお弁当箱

 

主婦は、家計を預かるしっかりもの。夢物語より「ちょっといい」という話にホントっぽさを感じます。また「ちょっと」の向上で明るい気持ちになれるのです。日常のささやかな変化に女性の喜びがあります。

また「簡単なのにちょっと贅沢」は、もうひとつポイントがあります。

「簡単なら、たいしたものじゃない」のが常識。それをくつがえすことで「えっ!?」という驚きがあります。AなのにB。「手抜き料理なのに義母さんに褒められました!」とか、いろいろ使えます。

 

レッツスタート型

  • 正解メークを身につけよう!
  • 新年度から始めよう!
  • みんなで楽しんじゃおう!

 

女性は、シンデレラ願望があります。王子様にリードされたい、背中を押してほしい、と無意識で思っています。

「さあ!」と呼びかけてエスコートすることで、一歩踏み出す気持ちになるのです。

 

ノウハウ・引きのいい言葉型

  • かわいい「お弁当」アイデア
  • 「ご近所手土産」活用法
  • コレが着回しに役立ちます!
  • スポーツショップで最新情報をチェック!

 

やはり悩み・問題解決型のタイトルは、注目率が高いですね。このとき雑誌でよく見る「引きのいい言葉」を選んで、タイトルに入れてください。

引きのいい言葉というのは、「言葉の響き」だけで、ターゲットが胸キュンする言葉です。Martから、いくつか例をあげておきますね。

 

○○法(解消法)、アイデア、ポイント、チェック、ランキング、バリエーション、対策、解決、フル活用、紹介、公開、知識、最新事情、おさらい、とっておきの、いまどき、徹底リサーチ、必須事項、裏ワザなど

 

肯定・承認型

  • ぶきっちょさんでも大丈夫!
  • あなたのキレイはまだ間に合う!
  • ユニクロ・GUはかぶってもいいんです!
  • その日の朝でいいんです!おもてなしスケジュール

 

これは「レッツスタート型」の変形。読者の心配、ためらいを先読みし、肯定することで背中を押します。「これはマズいかな」「ダメかしら」という心配を「大丈夫!」「OK!」と励ますのがコツ。

 

気分アップ型

  • ほっと癒されるママ友との和み会
  • 箱を開けた瞬間にワクワク!
  • カラフルで可愛い!
  • お茶の時間が楽しくなる雑貨
  • 遠出だって楽しくなれちゃう
  • 気分が上がっちゃう収納法
  • 一枚布がけですぐに気分転換

 

女性誌は、「気分アップ」系のフレーズがいっぱい。家事や育児で消耗した気分を上げてくれるタイトルは、読者に大人気です。女性は、男性以上に明るいハッピーな気持ちで毎日を楽しみたいのです。

 

まとめ

2015年のMart(マート)を2冊を引っ張りだして、タイトルを分類してみました。

ここにあげた型は「人が見て」気になる、クリックしてみたくなるタイトルです。ひとつだけで使ってもいいし、組み合わせてもいいと思います。

雑誌のタイトルを研究すると、女性のホンネが見えてきます。今回の教材はMartでしたが、あなたが対象にする読者層が読んでいる雑誌を参考にしてくださいね。


以上、Martに学ぶ!タイトル作りでした。