読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.73BLOG

文章術│広告の作り方│エッセイ

選べる使える!女性誌Martで見つけた「記事タイトル」アイデア集

ブログアクセスアップ 未分類(LOG)

f:id:promotion173:20161016173854p:plain

ブログの記事タイトル作りって悩みます。いろいろな書き方の型があるけれど、僕は、ターゲット層が読んでいる雑誌を参考にするのがいいと思います。雑誌は、読者層を細かくセグメント*1しています。自分の読者と合致する雑誌をヒントにすると、読者に刺さるタイトルができますよ。

今回は、光文社の雑誌Martを参考に典型的な記事タイトルの型をピックアップしました。この雑誌は、子供を持つ30~40代の主婦層がメインターゲットです。雑誌を参考にすることで、ネットで頻繁に使われるタイトルとは異なるオリジナルのタイトルがつけられます。

では、Martの記事タイトルを見ていきましょう。型、例、解説の順で紹介しています。

①新登場・初公開・最新・誕生型

  • 海外特派員ミセスからの最新情報
  • 濃厚なザッハトルテ味新登場です!
  • 「ネイビーストア」誕生

主婦に限らず、新情報は人の目を引きます。新しい話題は、ニュースだからです。近くに新しいお店ができた、という話題は誰もが関心を持ちます。何か新しい話題があれば、積極的にタイトルに取り入れましょう。

②質問・問いかけ型

  • 毎日のデニム、おしゃれな人はどうしてる?
  • 自分の時間ができたらなにを始めますか?
  • 空のペットボトルや野菜どうしていますか?

質問することで読者に問題提起できます。頭の中で、問題を考えるのは、読者が「自分事」として捉えているという証。日頃、読者が気になっていることを質問形式でタイトルに入れてみましょう。

③今どきの世の中教えます型

  • いまこれが流行ってます!
  • おもてなしの”必須事項”みなさんこんなこともしています
  • 調味料がまたまた話題です
  • みんなの「外ごはん」事情
  • ベーカリーの人気エコバッグ

女性や主婦は、世の中から取り残されることに潜在的な不安を抱いているのではないでしょうか。家事と育児で世事に疎くなる畏れ。家にいても、流行、ほかのみんなが何に注目しているか、にはアンテナを張っています。

④注意喚起型

  • 初めて人を招くときこそ気をつけたい
  • 学校行事で忘れちゃいけない
  • 送り迎えドレスコード

他の人からステキと思われることは無理でも、せめて恥をかきたくない、笑われたくないというのが人情。最低限押さえておくこと、損をしないための注意を喚起するタイトルは読んでおこうと思います。

⑤成功体験の報告・告白型

  • 見直してみたら家族まるごとおトクでした!
  • 買って正解だったのコレでした!
  • とっておきの収納法見つけました!
  • 子供の野菜嫌いを克服しました

この型のタイトルはMartで頻出。それだけ効果のある型なのでしょう。ポイントは、現在形「です」ではなく過去形「でした」で語ること。成功した私を褒めて、あなたもマネて、のスタンスです。

感嘆符が多いのも特徴です。女性は、ほかの女性の喜んでいる姿、輝いている姿を見て、自分もそうなりたい、と思う習性があります。

⑥究極の選択型

  • つくっていく?買っていく?外ごはん事情
  • 子供部屋、すぐに買うべきもの・そうでないもの

二択でどちらが良いかを問うタイトルです。賛否両論で、自分はどちらを選べば良いのだろうと問題意識を持っていることは、読み手の関心が高いです。住まいなら「購入派・賃貸派」、学校なら「公立?私立?」など対立要件を並べると効果的です。

⑦ママの「心の声」表明型

  • 新学期はママだって変わりたい!
  • 周りの友人が完璧に見えて落ち込むことがあります
  • 私が主役!家族と楽しむ「母の日」って幸せ
  • これだけは言わせて!
  • 出会いの季節はどんなシーンも好印象で始めたい

日頃、心の中にしまっている思いを、言葉にして代弁したタイトルは「私のことだ!」と共感してもらえます。言葉にしないだけで、誰でも秘めた願望や本音があります。それをストレートに書いてみましょう。 

⑧「ちょっと」型

  • 簡単なのにちょっと贅沢
  • ちょっといいお弁当箱

女性、特に主婦は、家計を支える面もあり、現実的なのでしょうか。荒唐無稽な「すごくいい!」という話より「ちょっといい」という話題の方が魅かれるようです。日常のささやかな変化を楽しめるのも女性の特徴かもしれません。

また「簡単なのにちょっと贅沢」では、普通は簡単なら、たいしたものにはならないと思われるところを意外に良い、と伝える型。AなのにBです。手抜きなのに義母さんに褒められました!とか。

⑨レッツスタート型

  • 正解メークを身につけよう!
  • 新年度から始めよう!
  • みんなで楽しんじゃおう!

女性は、シンデレラのように変身したいという願望があります。自分一人で変身していく人もいますが、誰かにリードされたい、背中を押してほしい、一緒にはじめたい、と思っている人は少なくありません。

さあ!と行動を呼びかけることで、読者をその気にさせる働きがあります。

⑩ノウハウ・引きのいい言葉型

  • かわいい「お弁当」アイデア
  • 「ご近所手土産」活用法
  • コレが着回しに役立ちます!
  • スポーツショップで最新情報をチェック!

よく言われる「悩み・問題解決型」の言葉は注目率が高いです。雑誌に頻出の「引きのいい言葉」を書き出してタイトルに入れられないか検討してみましょう。引きのいい言葉というのは、その言葉だけでターゲットが注目してしまう言葉です。Martからいくつか例をあげておきます。

○○法(解消法)、アイデア、ポイント、チェック、ランキング、バリエーション、対策、解決、フル活用、紹介、公開、知識、最新事情、おさらい、とっておきの、いまどき、徹底リサーチ、必須事項、裏ワザなど

⑪肯定・承認型

  • ぶきっちょさんでも大丈夫!
  • あなたのキレイはまだ間に合う!
  • ユニクロ・GUはかぶってもいいんです!
  • その日の朝でいいんです!おもてなしスケジュール

これは先述した⑨レッツスタートの変形版。読み手が心配に思っている、ためらっていることを先読みして、肯定することで行動を促す型です。「これはマズいだろうな」「ダメだろうな」と思っていることを「大丈夫!」「OK!」と力強く承認してあげましょう。

⑫気分アップ型

  • ほっと癒されるママ友との和み会
  • 箱を開けた瞬間にワクワク!
  • カラフルで可愛い!
  • お茶の時間が楽しくなる雑貨
  • 遠出だって楽しくなれちゃう
  • 気分が上がっちゃう収納法
  • 一枚布がけですぐに気分転換

女性誌では、特に読者の気分アップ系のフレーズが頻出です。たぶん日常の家事や育児で精神的に消耗しているのではないでしょうか。自分のテンションを上げてくれそうなタイトルに目がないように見えます。

こういうタイトルが注目されるのは、疲れていて、つまらない毎日を頑張っていることの裏返しなのかもしれないですね。感謝。

まとめ

一昨年のMart(マート)を2冊引っ張りだして、タイトルを12通りに分類してみました。ここにあげたタイトルの型は、検索対策よりは人が見て、関心を引きやすい、クリックしてみたくなるタイトルといえます。

単品で使ってもいいし、複合して使ってもいいと思います。女性雑誌の記事タイトルを研究することで、女性心理を垣間見ることができます。今回は、Martを教材にしましたが、あなたがターゲットにする読者層が読んでいる雑誌で研究することが大切です。

以上、Martに学ぶ!タイトル作りでした。

*1:市場の中で共通の消費者属性(年齢・性別・職業・ニーズなど)で集団を分類すること