新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

新聞の見出しのつけ方のコツ

新聞の見出しのつけ方

新聞の紙面は「見出し」と「リード」と「本記」で構成されています。新聞は、見出しで決まるといわれます。特に新聞の顔である一面のトップニュースでの扱いは重要で、ひと目で読者をひきつけるのが役目です。

この記事では新聞の「見出し」をつけるコツを紹介します。

新聞の見出しを書くポイント

新聞社では、取材した原稿の中から「一番キラリと光る部分を、どうやって一行に凝縮するか」を念頭に「見出し」を練り上げます。どう書いたら読者に臨場感が伝わるかが「見出し」づくりの原点なのです。

新聞社では、記事を読み込み「5W1H」の中で大切な順に二つ以上を盛り込むようにしています。

 

記事の基本は5W1H

記事の基本は「5W1H」です。この5W1Hは、小学校の中学年「国語科」で習います。限られた文字数で、事実を正確に、わかりやすく伝えるためには、次の6項目を意識して書くことが大切です。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(だれが)
  • What(何を)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

新聞は多くの人にわかりやすく情報を伝えるために、義務教育を終えた国語力で理解できる文章を基準に書かれています。

 

見出しは4Cの要素を入れる

新聞記事を書くポイントとして3Cがあげられますが、見出しでは、さらにCharm(魅力)を加えた「4C」が使われます。

  • Correct(正確)
  • Clear(明快)
  • Concise(簡潔)
  • Charm(魅力)

正確でわかりやすく、短く魅力的な見出しが良いとされています。

 

よい見出しをつけるには?

見出しは「!」や「?」を使ったり、文字に影をつけたりしないで、言葉で勝負することが基本です。読者を惹きつけるために10文字以内、長くても12文字くらいで研ぎ澄まされた表現を目指します。

あえて見出しの語句から主語や目的語を外す書き方もあります。こうすると、欠けた要素が気になって、読者が記事を読みたくなるのです。

4Cの「Charm」、魅力は、とても難しい要素ですが、見出しの傑作には、読者をひきつける魅力的なものが多いのも事実です。

 

関連記事新聞記事まとめ
新聞のリード文の書き方