新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

なぜ、ブログの改行は問題なのか?

f:id:promotion173:20161024185125j:plain

ブログの文字の流し方は、どうしたら良いか。

これ諸説ありますが、僕は140文字程度までは改行しないで書いて、意味の切れるところで改行すると良いと考えています。

何故、140文字なのかというと、若い人が使うTwitterの制限文字数が140文字だからです。このくらいまでは読んでもらえます。

20文字の手前で改行する流派もあります。

これはアメブロに多いようです。あとは、スマホでの読みやすさを意図しているのですね。でも、これ2つの理由で否定的です。

  • 意味の切れ目で改行したい
  • PCでも見た目も保ちたい

文章はある程度、意味の切れ目まで一息で読ませた方がわかりやすいです。

またスマホで読みやすい文章もパソコン(PC)で見たらスカスカということもあります。さまざまな機器で見てバランスの良い改行が理想です。

昨今のブログテーマは、デバイスの表示幅に応じて、文章の流し方が自動調整されるレスポンシブに対応しています。

このメリットを生かすにも、ある程度、文章は続けて書いた方が読みやすいと思います。

はてなブログは即改行派は少ないようですね。

とはいえ、文章は「完読されてナンボ」。
早めに改行した結果、最後まで読まれる率が高まった、というならそちらを採用した方が良いのです。

アクセス解析を利用しながら、自分の好みと実際の効果を検証して、より良いものを選びましょう