読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1.73BLOG

文章術│広告の作り方│エッセイ

なぜ、ブログの改行は問題なのか?

ブログアクセスアップ

f:id:promotion173:20161024185125j:plain

ブログの文字の流し方は、どのようにしたら良いか。これ諸説、いろんな流派がありますが、僕は140文字程度までは改行しないで書いて、意味の切れるところで改行すると良いと考えています。何故、140文字なのかというと、若い人が使うTwitterの制限文字数が140文字だからです。このくらいまでは読んでもらえます。

20文字の手前で改行する流派もあります。これはアメブロに多いようです。あとは、スマホでの読みやすさを意図しているのですね。でも、これ2つの理由で否定的です。

理由の1つは、改行のタイミングが早いため、ひと続きの文章の方が、意味がわかりやすいのに途中で改行しないといけないケースがあること。改行を見越して文章表現を書きかえる手間があります。書くことだけに集中した方が、僕の場合は早く書けます。

もう1つの理由は、即改行派は、今のスマホに最適化した書き方をしているので、PCやタブレットで読んだときに右側がスカスカになること。将来、スマホの表示領域が変更されたら、読みやすさのために施した改行が仇になって、かえって読みにくくなるかもしれません。

今のブログは、デバイスの表示幅に応じて、文章の流し方が自動調整されるレスポンシブに対応していますこのメリットを生かすにも、ある程度の文章量は、続けて書いた方が良いと思います。はてなブログは、文章を読みなれたユーザーが多いためか、即改行派は少ないようですね。

とはいえ、文章は「完読されてナンボ」です。早めに改行した結果、最後まで読まれる率が高まった、というならそちらを採用した方が良いのです。アクセス解析を利用しながら、自分の好みと実際の効果を検証して、より良いものを選びましょう。