新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

ハートをキュンとさせる「男の褒め方」と「女の褒め方」の違いとは?

男女別褒め方の違い

男性と女性では、褒め方が違います。男性と女性では本能レベルで喜びを感じるポイントが異なるからです。褒め方のポイントを誤ると、かえって相手の機嫌を損ねることも。

この記事では、男性と女性の感じ方の違いに焦点を当て、それぞれの効果的な褒め方をご説明します。

 

男女別の褒め方の基本戦略

男性は「絶対評価」を好み、女性は「相対評価」を好みます。

絶対評価を好む男性は、他人との比較ではなく、自分の能力だけで認めてもらうことを望みます。一方、相対評価を好む女性は、集団の中での自分の位置、つまり他人と比較していかに優れているかを認めてもらうことを望みます。

 

良い褒め方と悪い褒め方

絶対評価を望む男性には、比較をしないこと。相対評価を望む女性には、比較をすることがポイントになります。逆を行うと関係が悪くなります。では、具体的に見ていきましょう。最初に悪い例、次に良い例です。

 

女性が男性を褒める場合

NGヒロシってサトルより仕事ができるのね!

これは悪い褒め方の例。男性は絶対評価を求めるので、サトルという他者との比較をしないのが良い褒め方になります。次のように言い換えましょう。

 

 

Good仕事ができるヒロシってステキね!

 

 

 

男性が女性を褒める場合

NGヨシコちゃん、気がきくね

これは悪い褒め方の例。このような褒め方をすると、褒めれば好きになってもらえると思っているのでは? と不信に思われ、ガードが固くなります。この場合は、相対評価を高める比較のフレーズを入れましょう。

 

 

Goodヨシコちゃん、誰よりも気がきくね。

 

 

 

女性は選ばれたい生き物です。他人よりいいと認めてもらうと喜びを感じるのです。

 

まとめ

いかがでしたか? 男性の褒め方と女性の褒め方の違いについて説明しました。

  • 男性は絶対評価で褒める
  • 女性は相対評価で褒める

男女の感じ方の違いを理解して円滑なコミュニケーションを心がけてくださいね。

 

関連記事