新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

本と新聞の数え方

本と新聞の数え方

本は1冊、2冊と「さつ」で数えます。 むかしまだ紙がなかった時代は、細長い気の板や竹の板に文字を書きました。 文字が書かれた木の板を木簡もっかん、竹の板を竹簡ちっかんといいます。

冊という字は、木簡や竹簡にひもを通し、ひとまとめにした形を表しています。 こうしたことから紙をとじた本を数えるときにも「冊」が使われるようになったのです。

「冊」以外の本の数え方

しかし本は、「冊」と数えるときばかりではありません。

たとえば、シリーズの本は「第1巻」や「全30巻」のようにかんで数えます。

また作品を数えるときは、太宰治の作品3点、シェイクピアの小説2編のように「点」や「へん」を使います。 出版社が商品として本を数えるときは「今年は15点を刊行」というように「点」を使います。

同じ本を数えるときは「部」。「100万部のベストセラー」という使い方をします。

本は紙をとじてつくられますが、1枚ずつの紙にはオモテとウラがあり、その片面を「ページ」で数えます。 150枚の紙をとじた本は、300ページになります。

新聞はどのように数える?

ひとまとまりの新聞は「」で数えます。本のページにあたる部分は「めん」と呼び「1面、2面、3面」と数えます。

新聞の記事は、横線で上下に区切られています。上下に同じ線に区切られたひとかたまりが「だん」です。 上から「1段、2段」と数えていき、15段で1面(全面)になります。

新聞の面には、いくつかの記事が掲載されていますが、このひとつひとつの記事は「点」で数えます。

まとめ

本は「冊」で数える
シリーズは「巻」、作品は「点・編」
商品の場合は「点」、同じ本は「部」
とじられた紙の片面は「ページ」
新聞は「部」で数える
新聞のページは「面」、横線で区切られた部分は「段」、記事ひとつは「点」

関連記事