新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

時間がなくても更新できる!3行日記と 4行ブログの書き方

3行日記││4行ブログの書き方

毎日、ブログを書くのは大変ですよね。スキマ時間に書けばいいのですが、それができないこともしばしば。昼間は勤めているので、夜帰ってから、と思うのですが、ついテレビを見てしまったり、そのまま寝てしまったり。

そんなときは、発想を変えて短いブログを投稿すると良いかもしれません。記事が短いと検索からの訪問者などは期待できませんが、休みが続いて自然消滅するよりは良いのではないでしょうか?

3行日記を書いてみよう

厳密にはブログではありませんが「3行日記」というものがあります。きょう1日を振り返って、次の3つを1行ずつ書くものです。

  • きょう一番嫌だったこと
  • きょう一番良かったこと
  • 明日やりたいこと

大切なのは、書く順番。最初に嫌なことを文字にすることで「何が嫌だったのか」客観視できます。客観、認知するだけで気持ちは、かなり整理されます。次に、良かったことを書きます。嫌なことの後に、良かったことを思い出して、感情を上書きする感覚です。

最後に、明日の予定(目標)をひとつ書きます。視点を明日に向けることで、前向き、積極的な気分になれます。就寝前にこの3行日記を書いて床に入ると、翌朝、すっきりした気持ちで1日をはじめられます。

書く内容と順番を守れば、3行にこだわる必要はありません。写真を添えて、記事のタイトルをつけると立派なエントリになります。3行日記は、続けることで、自分自身の変化を実感できます。

4行ブログの書き方

前項の3行日記は、自分の精神衛生に効果的ですが、書き方を変えて、4行にすると、発展性のあるブログエントリの骨格ができます。PREP(プレップ)法という文章の書き方を聞いたことはありませんか。

  • Point:結論
  • Reason:理由、根拠
  • Example:事例
  • Point:結論の言い換え

この順番で文章を書く方法です。最小単位で4行ですが、理由や根拠、事例を数多く取り上げることで文章量は増やすことができます。最初に結論を述べてから、理由や事例を示すので、論理的で説得力の高い文章になります。例をあげます。

PREP法の例文
P│ブログは毎日更新しましょう。
R│初期のドメインは検索エンジンの信頼度が低く、更新することで評価を高められるからです。
E│開設後、3ヵ月・100記事を投稿した頃から検索流入が増えた、という報告もあります。
P│更新を続けることでブログは多くの人に読まれるようになるのです。

 

 いかがでしょうか。最小限の構成ですが、内容は伝わりますね。ブログを書く時間が十分にとれないときは「3行日記」、PREP法を使った「4行ブログ」を、お試しください。