新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

フェイスブックを始めるときに失敗しないマナー5つ

フェイスブックのあいさつ回り

面白い本発見! SNSの正しい使い方が、身につくマンガ「SNSポリスのSNS入門」です。著者は、漫画家のかっぴーさん。Facebook、Twitter、インスタで、やってしまいがちな行為に罪名をつけ、SNSポリスが、厳しく取り締ります。

ここではFacebookの罪名をいくつか挙げてみます。あなたは大丈夫?

 

フェイスブックの罪名と行為

 

5.あいさつ回り(ノールック・ライク)
同じタイミングでタイムラインにある投稿の中身も見ずにいいね!を連投する行為。営業職、若手経営者に多く見られる。

 

4.ソーシャル積ん読
他人の記事をシェアするとき「メモ」や「あとで読む」と書いて投稿する行為。シェアする記事は、高尚な内容が多い。しかしシェアした記事をあとで読むことはない。机の上の賢そうな本の山を見せびらかしたい意識高い系。

 

3.虎の威のまた借り!
アーリーアダプター(情報感度の高い初期採用者・1番手)がシェアした記事を自分が見つけたかのようにシェアする行為。最初の発信者を虎とすれば、アーリーアダプターはキツネ。さらにその「また借り」をするのは「くそ」です。

 

2.ソーシャルシンデレラ
SNSに写真を投稿する瞬間だけ盛れている女性。王子の見えないところではイケてない人。

 

1.ソーシャル出待ち
プロフィール画像の変更などで、待ってましたと言わんばかりにカワイイ子の投稿に「いいね!」や「コメント」を一斉につける行為。少しでもからみたい、せめてソーシャル上だけでも!そんな気持ちで、カワイイ子との何らかの接点を待っている人たちの行為。

 

ここに挙げたのは、SNSポリスが取り締まる行為の一例。本書では、フェイスブックだけでなくツイッターやインスタグラムの逮捕案件も多数紹介されています。

自撮りや料理写真の撮り方でも、SNSポリスに逮捕されることがありますよ。

 

原罪は過剰な承認欲求

罪名のつく行為すべてに共通するのが、SNS利用者の承認欲求に基づきます。誰もが、多かれ少なかれ自分を良く見せたいもの。しかし、承認欲求を満たすために好感度を上げる行為が度を超すと罪を犯してしまうのです。

たとえば、レストランで料理を撮影するとき、お洒落なものをお洒落なまま撮りたいのはふつうの欲求。しかし、おしぼりやストローの袋を片づけ始めたらやりすぎ。罪名「のってきたフォトグラファー」で即逮捕です。

 

マナーを守ってSNSを楽しもう

SNSポリスのSNS入門では、笑えるマンガを読みながら、SNSの王道ともいえるマナーやルール、用語が自然に学べるよう工夫されています。

著者のクールな「SNS哲学」が、犬の教官を通して語られるのも見どころ。SNS初心者はもちろん、笑いながらフェイスブックやツイッターの使い方、つきあい方を再確認したい方にオススメします。

 

 

第1話が読めます

漫画「フェイスブックポリス」|かっぴー|note