新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

「ダメ」ブログは卒業!文章力を高めてお仕事ブログで成功したいあなたに贈る1冊

世界一やさしい「人脈」と「収入」をザクザク生み出すブログ文章術

「ブログの文章がうまくなりたい」
「仕事につながる文章を書くコツって!?」

今回、ご紹介する本「人脈」と「収入」をザクザク生み出すブログ文章術は、そんなヒントを探している女性ブロガーにおすすめです。実は、この本、2012年に発売されたもので、もう新品は手に入りません。

でも、Amazonのユーズドでは、170円(2017.10.29現在)から販売されています。数百円で一生使えるノウハウが手に入るのであらためてご紹介させていただきますね。

著者は、戸田美紀さんと月野るなさん。
わたしが以前、アメブロを書いていたとき、戸田美紀さんのブログを愛読していて、そのつながりで購入したのです。

 

お仕事でブログを活用する女性に

ブログ関係の本は、いろいろ出ていますが、ブログをお仕事で活用したいと考えている起業女子の方には、この本がいちばんオススメ。

理由は、著者ご本人が起業している女性で、実際にブログを使って実績を上げているからです。だから、あなたが今「どうしたらいいのかな?」と試行錯誤しているブログの使い方のポイントが全部書いてあります。

本当はいけないのですが、中をチラっと(笑)。

f:id:promotion173:20171029095355j:plain

どう、5章の目次だけでも気になるよね!

 

ブログの運営法と文章術の二本立て

大事なことなのですが、仕事に活かすブログは、文章力だけをアップさせても不十分です。人を動かす文章力は「あなたの本質的な魅力」とあわせて伝えることで120%発揮されます。

この本では59の法則に分類して、魅力的なあなたの見せ方(ブランディングを意識したブログ運営法)と読み手の心をググッとつかんで離さない「文章術」の両方からサポートします。

うっかり「やっちゃっている」ブログのもったいない失敗もズバリ指摘。文章力を磨きながら、改善すべき課題も明確にしてくれる良本です。

 

ポイント重視!女性目線で読みやすい

「買っても活用できるかな?」
「全部読み通すことができるかしら?」

ふだん本を読まない人は、その点がちょっと心配ですよね。この本は、きっと大丈夫です。理由は、59の法則がだいたい見開き2Pで書かれていて、さらに冒頭に毎回ポイントが箇条書きでまとめられているから。

 

f:id:promotion173:20171029105201j:plain

こんな感じで、ポイントと大切な部分は、オレンジ色のマーカーが引いてあります。拾い読みでも内容がちゃんとわかるように作ってあります。

はじめから通読してもいいし、気になる話題から読みはじめてもOK!

 

これならスグに活用できそう!本の構成が、そのまま読みやすいブログの書き方になっているのですね。でも、この本、弱点*1もあります(笑)

 

 

Twitterの声

当時投稿されたTwitterの評判。青山華子さんが言及しているのがスゴい!

ブログ文章のQ&A

本の見どころをもう一つ。
巻末にまとめられているブログ文章のQ&Aです。ブログを取り組む女性が一度はぶつかる12の悩みや疑問に、ていねいに答えています。

f:id:promotion173:20171029111753j:plain

こんな感じで、文章の表現力を豊かにする肉づけの仕方、記事ネタの探し方のコツなどの質問に回答と解説が示されています。

 

ブログで120%成功したいあなたに

以上、女性向けのブログ文章本をご紹介しました。2012年の発刊ですが、やさしい言葉でかなり深いことも書いてあり、ブログ初心者だけでなく中級者が読み直しても、あらたな気づきがあります。

なお、SEO(検索対策)の情報は書かれていませんので、その点は他の書籍で学ぶ必要があります。

この本でトクするのはこんな方♪

  • お仕事ブログで120%成功したい女性
  • 文章は書けるのに成果がショボン
  • ブログ運営のポイントをおさらいしたい人

文章力を高めてファンを作りたい、あなたの魅力を読み手に伝えるブランディングを知りたい人にピッタリです。未読の方は、お早めに。。。

追記│著者からコメントをいただきました

記事を投稿してから著者ご本人からFacebookでコメントをいただきました。ありがとうございます。

f:id:promotion173:20171029134330p:plain

今は、同じく共著で、今回ご紹介したザクザク本の進化版『人生とビジネスを変える自分メディアの育て方』が出ています。こちらも合わせて要チェックですね!

*1:著者も言っていますが書名が…本のタイトルは出版社がつけるそうです。著者ご自身も「ザクザク本」と呼んでいるとか。内容はすごくいいのですよ。