新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

年賀状はぺんてるのプラマンで!万年筆より書きやすい

年賀状を書くとき、お世話になった方に一言添えますよね。そのときにどんなペンを使いますか?

会社の年賀状に一筆添えるとき、わたしはここ数年、ぺんてるの「プラマン」という万年筆を使っています。

ぺんてるが独自に開発したプラスティックを使った万年筆で、ふつうの万年筆はうまく使いこなせないという人もサインペン感覚で書ける優れものです。

このプラマンは、POP名人の増澤さんのブログで知ったのです。

ameblo.jp

 

プラマンは一度使うと手放せません

ケーヨーデーツーで500円弱で買えたと思います。このペンのいいところは、字がヘタでもイラストや字がそれなりに上手く見えるところです。

わたしは字がすごく下手なのですが、それでもこのプラマンを使うようになってから、手帳に字を書いたり、ラク書きしたりするのがけっこう好きになりました。

これはきょう、子どもとラク書きしたときのもの。

アナゴさん

いい感じにペン先がしなるので、文字や絵が描きやすいです。ちなみに、無印良品のノート・5mm方眼とプラマンの組み合わせが、広告の取材のときのお気に入りアイテムです。アナゴさんのつもりです。

このプラマンのファンは、たくさんいて、明和電機の社長さんもこのペンのファンみたいです。Youtubeに動画がアップされていますので、紹介しておきます。プラマンの書き味の良さがよくわかると思います。。。

 


社長とプラマン

ぜひこの書き味を体験してもらいたくてこの記事を書きました。年賀状の宛名とか筆ペンってけっこう失敗するじゃないですか。

今年は、このプラマンで書いてみてください。感動しますョ。