新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

人のうわさも七十五日 - 75日の根拠は何?

うわさ話をする女性たち

人の噂も75日という諺があります。 これは、よい噂も悪い噂も75日経てば自然に世間の話題から消えていくという意味です。 では、なぜ噂は「75日」立てば消えていくのでしょうか。

この75日という数字には根拠があるのでしょうか?

75日の根拠は何か

いくつか説がありますが有力な伝承を2つ紹介します。

  • 初物を食べると75日長生きできる
  • 産婦の忌みが明けるのが75日

初物で長生き

季節、季節の初物を食べることで人は新たに生きながらえるためのエネルギーを得ることができると 信じられていました。その日数が75日間といわれます。

初物を食べた季節の分だけ長生きできると考えられていたのです。

産後の忌み明けが75日

大阪府下のある村では、産後の禁忌を「オヤユミ(親忌み)」と称して、 それが明けるのが75日だといいます。それまでは神社に参ったり、祝いの場に出席したりするのは遠慮すべきだと伝えています。

これら2つの伝承からわかるのは、人間の体にプラスになる場合は75日分余分に生かす力になり、出産という体の変化から回復するには75日かかると捉えられていたのです。

日本の季節感に裏づけられた日数

75日は約2ヵ月半を指します。四季の移ろいを重視する日本の気候風土においては、 2ヵ月半経つと季節は確実に移り変わっていきます。 そこから連想されたのが、人の噂が消えていく日数だったのでしょう。

季節が移り変わるように、巷に流布した噂も75日も経てば自然と人々の話題から過ぎ去っていくと考えられたのです。