新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

【amazon】アフィリエイトの商品リンクの貼り方

アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書;これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え

アフィリエイトで稼ぐ1年目の教科書;これから始める人が必ず知りたい70の疑問と答え

Amazonの商品を紹介するときに、上のようにブログの冒頭に商品写真と商品名を載せる方法と記事の最後だけに載せる方法があります。

どちらが売れやすいのでしょうか?

これいろいろな考え方がありますが、次の場合は最初に商品名と商品写真を掲載した方が良いようです。

 

Amazonアフィリエイトリンクの効果的な貼り方

商品リンクの広告を最初に貼る場合

  • 紹介する商品の知名度が高い
  • 商品名のキーワード検索で読まれている

この2つのケースでは、すでに閲覧者が商品を知っていて状態で、購入意欲も旺盛なため、最初に商品名と商品写真を掲載することが有効なのです。

 

商品名と写真は購入意欲が高まってから見せる

逆に、あまり知られていない商品の場合は、最初に商品名と写真を掲載することはおすすめしません。購入意欲が不十分な段階で商品を提示すると、閲覧者が「売り込み」だと感じて構えてしまうからです。

結果として、閲覧者が離脱しやすく、本文も読んでもらえないことになります。

商品の認知度と閲覧者の購買意欲が低い場合は、商品名や商品写真は、冒頭では掲載せず、記事の最後で関心が十分に高まった頃に「見せる」のが基本です。

 

冒頭で商品・写真を載せる例外

認知度が低く、商品名のキーワードで訪問したとは考えられない場合でも、一部のアフィリエイターは商品名と写真を冒頭に掲載する例外があります。

なぜそのようにするのでしょうか?

理由は、再読する読者(閲覧者)への対策です。閲覧者の中には、ひととおり記事を読んでから関心が高まると冒頭から返り読みをする人がいます。

その時点では、閲覧者の商品に対する知識や購買意欲はかなり高まっていますので、冒頭の商品名、写真のリンクがクリックされやすいのです。

また、そのときは購入に至らなかった人も、内容が気になっていて、後日、再び訪れるケースがあります。冒頭に商品リンクが張ってあれば、再訪した閲覧者は、すぐに目的の商品を見つけることができ成約率が上がります。

長文記事では、同じ人に二度、三度と読まれる可能性があるので、冒頭に商品リンクを掲載しておくことも意味があるのです。

 

まとめ

商品リンクを最初に貼る場合

  • 商品の認知度が高い
  • 商品名のキーワード検索での閲覧
  • 再読が予想される長文記事

これら3つにあてはまる場合は、商品名や商品写真、販売ページへのリンクを掲載します。それ以外は、原則、記事の最後に掲載します。

・初心者必見!Amazonアソシエイトのクリックを増やす3つのコツ

物販アフィリは上の記事も参考にしてください。