新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

ブログが読まれない人へ│読者が思わず反応する6つのパターン【タイプ別対策】

f:id:promotion173:20171210114848j:plain

広告文や告知の文章の反応をさらにアップするには、人間のタイプ別に文章を書き分けることが有効です。

どんな文章に反応するかは、実は、読み手の性格(タイプ)によって異なります。書き手は、ふつう自分の感覚を基準に文章を書きます。したがって、自分に似たタイプの人の反応は得やすいものです。

逆にいえば、自分と異なるタイプには「刺さらない」「響かない」文章になっていることも少なくないでしょう。

人の性格は次の6タイプに分類できます。

・目的型 ・情愛型 ・友和型
・親分型 ・堅実型 ・行動型

これら6タイプを把握して、それぞれに響く書き方をすれば、これまで反応しなかった人が反応しはじめます。その結果、成果がアップするのです。

次の項目からタイプ別の特徴と対策を見ていきましょう。

 

 

タイプ別の特徴と対策

目的型の人の特徴

目的型の人は「この商品を買えばこういうふうになれます」といったら動く人です。逆に買うメリットがはっきりしないとなかなか動きません。

目的型の対策

これを買ったらあなたの〇〇が解決します」「これを買ってもらえると〇〇できるようになります」と結果を明確に示すといいでしょう。

 

情愛型の人の特徴

このタイプは、人間性とか愛情によって行動します。文章に、人を思いやる心、ちょっとした心づかい、熱い思いなどが入っていると反応します。

情愛型の対策

「子どもの頃には自分はつらいことがあったけれど、いまは勉強してこんなふうになれました」のように心をくすぐる「ドラマ」が入っていると非常にいい反応が得られます。

物語型のプロフィールで共感を得ましょう。

 

友和型の人の特徴

このタイプは、みんながやっているから自分もやらないといけないと思う人たち。

友和型の対策

〇〇という芸能人が使っています」「スポーツ選手の〇〇が愛用しています」と聞けば自分も使いたいと思います。

「周囲のみんなが使っています」といわれたら、「そうなんですか? じゃあ買います」と行動を起こす人です。

 

親分型の人の特徴

自分がリーダーだと思っている人です。このタイプは、褒めてあげると動きます。

親分型の対策

「これを買ったらスゴいことになります。今でも素敵なスタイルなのですから、これを買ったらモデル並みになります」と褒められたら、「そう?買っちゃうわ」となります。

 

堅実型の人の特徴

堅実型の人は、その名のとおり、自分の考えを曲げないタイプ。一から十まで全部説明しないと不安が払拭できず、なかなか行動に移しません。

堅実型の対策

このタイプは表面だけの情報で商品を売ることはできません。商品のよさを端から端まで説明し、リスクやデメリットまでも伝えて、ようやく価値判断をします。

 

行動型の人の特徴

行動型の人は負けず嫌いなタイプ。煽られると黙っていられません。

行動型の対策

「あなただったら当然できるでしょう」といいます。たとえば「これを買ったらあなたは痩せて当然でしょう」といわれたら、「だったら買って痩せますよ。やってやろうじゃないか」と反応するのです。

 

まとめ

人間の性格は、この6種類が複合して現れます。宣伝文では、どのタイプの人が読んでも興味がひけるように、文章に各対策を仕込んでおくと効果的です。

表にまとめました。
あなたはどのタイプでしょうか?

 

タイプ 特徴 対策
目的型 結果・メリットに反応 これを買ったらこうなるとメリットを伝える
情愛型 人間性や愛情に反応 情熱や思いやりの心をドラマ仕立てで伝える
友和型 みんなと同じでありたい 周囲のみんな、芸能人が使っていると伝える
親分型 リーダーだと自負 褒めながら提案をする
堅実型 考えを変えない。不安が強い 一から十まで説明し、必要であればデメリットやリスクも伝える
行動型 負けず嫌い あなたならできて当然と煽られると反応する

 

自分と異なるタイプの特徴を知り、対策を講じるとこれまでより幅広い反応が得られます。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

関連記事