新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

自炊におすすめの調理器具12選【男の一人暮らし】

自炊男子おすすめの調理器具

一人暮らしは、外食が多くなりがち。
節約とバランスの良い食事を摂るには自炊がいちばん。

自炊する男性のタイプは2通り。
大雑把に料理を作るタイプとレシピ通り細かく分量をはかって作るタイプです。

わたしもそうですが、意外と後者の男性も多いのです。大さじ、小さじの分量、水の量、食材のグラム数を正確に計って、レシピを完璧に再現したい。

また形から入る男性もいます。 高価な調理器具は買えないけれど、評判がよく、機能性の高いものを使いたい。

この記事では、ちょっとこだわり派、一人暮らしの「自炊男子」におすすめの調理器具を厳選してご紹介します。

まずは計量器具からです!

最初に揃えたい料理の計量道具

パティシエール 計量スプーン ステンレス PP-512

大さじ(15ml)と小さじ(5ml)が計れる計量スプーン。金属製で強度があり、味噌やバターなどの固さのあるものも安心。

砂糖や塩など粒状の調味料は、使っているうちに湿気で固まります。金属製ならゴリゴリ削り落とすことができます。

両端に計量スプーンがついています。テーブルに平置きして片手で計量OK

 

タニタ デジタルクッキングスケール 1kg/1g ホワイト KF-100-WH

重さを計る電子ばかり。おすすめはデジタル表示のものです。1グラム単位で重さを計れる商品が最近は主流です。

この電子ばかりは「ゼロ表示ボタン」付き。この機能は、容器やトレーの重さを先に計り、その分を差し引いて素材を計量するものです。

自動電源オフ。壁掛けOKで収納もラクです。1gから1kgまで正確に計れます。

 

貝印 Cookfile 見やすい計量カップ 600ml DH-2343

100mlを超える液体の分量をはかるときは計量カップを使います。味噌汁の分量はコレで計ります。

この計量カップは、上からのぞき込んでも分量がわかるしくみ。目盛りを読むのがとってもラクチンです。

Amazonで壊れやすいというレビューがありましたが、ふだん使いでは大丈夫でした。耐熱性なのでレンジもOK

コスパ抜群!基本の調理器具

ヴェルダン ミドル三徳庖丁 145mm OVD-14

包丁は、肉用、魚用など用途ごとに揃えるのがベストですが、こちらはオールマイティに使える三徳包丁です。

Amazonで一番人気の確かな切れ味。一般的な165mmではなく145mmをおすすめするのは、使い勝手がいいから。

持ち手と刀身が一体型でグラつかず丈夫。オールステンレスで錆びに強く衛生的です。切れ味を保つ包丁研ぎもどうぞ。

 

パール金属 抗菌 まな板 M 320×200×13mm 白 食洗機対応 HB-1533

包丁と同じくらい食材の切りやすさに影響を与えるのがまな板です。分厚く重いまな板を使うことで食材が安定するからです。

おすすめはプラスチック製で13mmの厚さがあります。木製より手入れがラクで衛生的。

まな板の大きさはキッチンカウンターの大きさを測り、無理なく載せられる範囲で大き目のものが使いやすいです。

 

貝印 SELECT 100 T型ピーラー DH-3000

じゃがいもなどの野菜の皮むきは包丁よりもピーラーがラクちん。

こちらは軽い力でスッと切れる斜め刃がついたステンレス製。少し重みがありますが、持ち手が波型で持ちやすいです。

100円ショップにも皮むき器がありますが、切れ味が段違いです。

 

ティファール フライパン 27cm ガス火専用 「 グランブルー プレミア フライパン 」 チタン プレミア 5層コーティング D55106 取っ手つき T-fal 【IH非対応】

フライパン選びの基準は3つ。
サイズとIH(電磁調理器)対応の有無、テフロン加工の有無です。

大人2名分の料理は、直径26cm必要。テフロン加工は、こびりつきにくく、少量の油で調理できる特徴があります。

傷に弱いテフロン加工ですが、この商品は耐久性抜群! 余熱完了、適温のタイミングがわかるマークが超便利です。

 

パール金属 片手鍋 18cm ガラス鍋蓋付 IH対応 内面4層 + 外面3層 マーブル加工 プレミアムマーブル H-4236

鍋は熱が伝わりやすいので煮物や汁物を短時間で温めることができます。

使いやすいのは鍋から持ち手が1本伸びている片手鍋。直径18cmで大人2~3人用です。

こちらの商品はIH対応で焦げつきにくいコーティング仕様です。調理状態が見えるガラスふたが付いています。

 

パール金属 ステンレス 深型 ざる 3点セット 15 19 25cm ララシャイン H-53271 + ボール 3点 セット

米や野菜の水切り、麺類のゆで汁切りなどに使うザルと卵や粉ものと具材を混ぜるときに使うボウル。

意外に地味な存在で忘れられがちですが、いざ必要になると重要性がわかります。

ザルを選ぶポイントは置いたときに底がちょっと浮くようになる「足つき」にすること。ボウルはサイズをいくつか用意しておくと便利です。

調理に便利な菜箸・ヘラ・お玉

食事用の箸で代用すると短くて熱い。炒めものをするときは、食材をしっかり混ぜられる専用の菜箸が便利です。

この菜箸は日本製で無塗装。
食材に直に触れるものなので、安心して使えるものを選びたいですね。

 

オレンジページスタイル シリコーン計量スパチュラ(オレンジ) OPS-069

フライパンや鍋の中を大きくかき混ぜたり、盛り付けのとき「すくう」のに便利なのが「ヘラ」です。

適度な柔軟性のあるシリコン製ヘラなら、フライパンの底の食材もキレイにすくえます。麻婆豆腐もバッチリ!

幅広でスコップのような形のものが使いやすいです。こちらの商品は、さらに大さじ、小さじの分量も計れる優れものです。

 

ティファール おたま エピス ブラック キッチンツール 274449

汁物の盛り付けに便利なお玉。
カレーなどは十分な深さがあり、たっぷりとすくえるものが使いやすいです。

この商品は、つなぎ目のない形状で洗いやすく衛生的。やわらかい素材なのでフライパンなどのコーティングを傷めません。

まとめ

いかがでしたか。
自炊男子におすすめの調理器具12選。ニトリや100円ショップで調理器具を揃えることもできますが、ここで紹介した商品と比べると、切れ味や使い勝手で差があります。

価格と機能のバランスがよい、基本の調理器具のみ厳選しました。必要に応じて揃えていってくださいね。