新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

英単語帳のダメな使い方 - 受験生あるあるBEST9

英単語帳のダメな使い方

英文を読むには単語力が必要です。

中学校で習う英単語は1200語。高校受験では2000語、大学受験では、共通テストレベルでも5000語の語彙が必要といわれます。

膨大な単語を辞書引きで覚えるのは難しいため、英単語帳を使って単語力を補います。

しかし、英単語帳の使い方が誤っていて、英語の得点力につながらないケースも目にします。この記事では、英単語帳のダメな使い方を9つ紹介します。

英単語帳のダメな使い方・9つ

毎日少しずつ覚えようとする

毎日10個覚えるやり方は3日坊主に終わる可能性が高いです。このペースでは、1000個の単語を覚えるのに100日かかります。

1日に覚える個数を50個~100個に増やして1周する期間を短くしましょう。

 

繰り返す回数を決めてしまう

全部で3回繰り返すと決めて取り組む「回数ベース」のやり方は効率が悪いです。

暗記に繰り返しは有効ですが、既に覚えた単語を繰り返す必要はありません。記憶に必要な繰り返しの回数は個人差があります。

あくまでも記憶への定着を基準に回数を決めずに何度も繰り返しましょう。

 

赤シートだけで覚えようとする

赤シートだけで覚えるやり方は、視覚重視の記憶法です。

記憶は、視覚だけでなく触覚、聴覚など五感をフル活用するのがコツ。書いたり、声に出したりすることで覚えやすくなります。

 

テスト前だけ一夜づけで覚える

テスト前だけ覚えるやり方は、短期記憶にしかなりません。目の前のテストでは解答できても実力テストや模試では得点できません。

短期記憶を長期記憶に変えるには、忘れる前にサッと繰り返すことが有効です。

 

単語帳に何も書きこまない

既に覚えた単語を消したり、何度やっても覚えられない単語に印をつけたりすることで単語帳の進捗が明確になります。

また、書き込むことで記憶を促すきっかけにもなります。

人間の脳は、変化を記憶しやすい傾向があります。覚えにくい単語に書き込みし、変化を加えることで覚えやすくなるのです。

 

学校で配られる単語帳に固執する

英単語帳は、相性があります。
市販の英単語帳は、単語列挙型、フレーズ型、文章型、語源型、ゴロ合わせ型などの種類があります。

学校で配られる単語帳は、標準的なものが多いと思いますが、覚えにくい場合は、別の単語帳に変えるのも手です。

 

難しい単語帳に手を出す

基本単語を覚えていないのに難しい単語帳に手を出しても英文は読めません。

まずは頻出の基本単語の動詞、名詞を押さえて段階的に英単語のレベルを上げていく必要があります。

自分の学力レベルに合った単語帳を使い基本単語を押さえましょう。

 

1周で全部覚えようとする

英単語帳の訳語が複数書いてある場合は、太字のもの、最初に書いてあるものに絞って覚えるようにしましょう。

暗記のコツは、できるだけ覚える量を減らし覚えるものを明確にすることです。

1周目は、頻度の高いものをザッと押さえる程度に留め、繰り返すたびに、より詳細な情報を覚えていきましょう。

 

abc順の単語帳で最後までやらない

abc順の単語帳で挫折する人がいます。aからはじまる単語だけ詳しくて点数につながらないパターンです。

英単語帳をやり遂げられない場合は、頻度順の単語帳で暗記しましょう。

 

まとめ

以上、英単語帳のダメな使い方を9つ紹介しました。最後に、ダメな使い方を踏まえて、効果的な使い方を5つあげます。

  • 単語帳のCDを聞きながら声に出す
  • 五感をフル活用して覚える
  • 〇△×やメモを単語帳に記録する
  • まとまった量を繰り返し継続する
  • 頻度順など自分にあった単語帳を使う

これまでの単語帳の使い方で十分な成果が上がらなかった人は、参考にしてくださいね。