新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

江戸時代(慶応)生まれの人はいつ頃まで生きていたのか?

江戸時代に生まれた人

鹿児島県・喜界島(喜界町)の世界最高齢の女性、田島ナビさん(117歳)が、4月21日に老衰で亡くなりました。

この女性は、1900年(明治33年)の生まれ。
明治は1912年7月に終わったため、2019年現在、明治生まれの人は106歳以上です。

総務省の人口推計では、100歳以上に仕分けされている人口は、約7万人。うち106歳以上はさらに減ります。現存する明治生まれは、1割以下の数千人と推測します。

明治生まれの106歳以上の人口は2000人弱

明治生まれを106歳以上とした場合、人数の参考になるのが、5年に1度の国政調査です。平成27年の国勢調査における年齢別の生存者数は下記のとおり。

106歳 1017人
107歳 525人
108歳 293人
109歳 110人
110歳以上 146人

年齢別の人口の分布が同じと仮定すると、現在、明治生まれの人口は約2000人弱と推測できます。

さらに、2019年7月以降は約1000人、2020年は約500人、2021年は約250人、2022年は約150人と明治生まれは毎年半減していきます。

出典国勢調査 / 平成27年国勢調査 / 人口等基本集計

 

江戸時代生まれはいつまでいた?

では、江戸時代に生まれた人は、いつ頃まで生きていたのでしょうか?

江戸の最後の元号は「慶応」
慶応4年が明治元年で、西暦は1868年。もし江戸時代のひとが、今も生きていたら150歳以上になります。

江戸時代の元号一覧

 

江戸時代生まれの最後の人物

昭和61年(1986年)に120歳で亡くなったとされる泉重千代さんが、江戸時代生まれの最後の人物と言われています。

ただし、この人物は1995年までギネス認定されていましたが、年齢の信憑性に疑いがあるとして公認が取り消されました。

現在、泉重千代さんの年齢は105歳説が有力で、江戸時代生まれであることは、ほぼ否定されています。

 

江戸時代生まれは1976年に絶滅!?

慶応生まれで110歳まで生きたとすると1978年。昭和40年代から50年代前半には、江戸時代に生まれたひとは絶滅したと推測します。

ですから昭和30年代以前に生まれたひとは、江戸時代に生まれたひとと話をした経験があるかもしれませんね。

 

江戸時代生まれの最後は「河本にわ」さん

江戸時代生まれで生年に確証のある日本人としては、滋賀県出身の「河本にわ」さんが有名です。1863年9月17日(文久3年8月5日)生まれで1976年(昭和51年)11月16日の113歳まで生きました。

20代で結婚し8人の子を産み、生前に80人以上の子孫に恵まれた女性です。元衆議院銀の河本嘉久蔵は孫。

出生記録が確認できる日本人としては、江戸時代生まれの最後の生き残りといえます。したがって江戸時代生まれは1976年(昭和51年)を最後に絶えたといえます。

江戸時代生まれの最後の生き残りは、慶応生まれではなく文久生まれだったのです。

 

明治から令和まで5つの元号を生き抜く人

明治生まれも、あと数年。
生き証人として過去の体験を直に聞くことも難しくなっています。

2019年5月から新元号になりますが、明治、大正、昭和、平成、令和の5つの元号を生き抜くひとは本当に貴重ですね。