新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

心の借金で恋愛できない女性 - 劣等感の穴埋めを男性に求めていませんか

交際がうまくいかない女性

恋愛がうまくいかない、長続きしないと悩む女性は多いです。婚活中の女性だけでなく、すでに結婚をしている女性でも、今ひとつ相手との関係がしっくりこないと感じている人は少なくありません。

なぜ交際がうまくいかないのでしょうか。

理由は「借金」問題。
借金というとお金を思い浮かべますが、恋愛の妨げは「心の借金」です。これは、どういうことでしょうか?

 

心の借金で恋愛できないとは?

たとえば、交際中の彼から、数千万円の借金があると告白されたら、あなたはどう感じるでしょうか?

「返済を助けてほしい」といわれたら、どうでしょう。

好意を持っていても、ためらいますよね。「わたしのことを信頼して伝えてくれた」と思う人はいないでしょう。

借金があって、お金目的で近づいてきたのでは、と考えるかもしれません。あなたは「まかせて!いっしょに返済していこう」と答えますか。

普通は「自分の借金は自分で返せ」と思いますよね。

相手に借金返済をせまる女性

先の例は、男性が女性に自分の借金を告白した場合でした。

しかし、女性も笑ってはいられません。「自分の借金」の返済を男性に押しつける女性は、たくさんいるのですから。

ただし女性の場合は、お金の借金ではありません。

女性の借金は、心の借金が多いのです。たとえば、子供時代の辛い体験、あるいは過去の辛い恋愛経験で自分の心の中に芽生えた「劣等感」です。

子供の頃、両親にかまってもらえず寂しさを感じていた。だから「寂しさを感じないように、いつも気にかけて構ってほしい」と恋愛中に要求するのも「心の借金」の返済を相手に負わせる行為です。

 

交際前の財産は、あなたのもの

互いに支え合うという意味で、多少は良いと思いますが、度を超すと関係が破綻します。

結婚前の財産(貯金・借金)は、男女それぞれ別のものです。結婚後は、いっしょにつくり上げた財産は共有財産です。交際前につくった心の借金は、その本人だけのものです。

これを手放しで受け止めてくれる相手を求めたい気持ちは理解できますが、そうした相手は「なかなかいない」のは、理解できるでしょう。

我が子に借金を負わせる親

子供に自分の借金を押しつける人もいます。たとえば、自分の不勉強が原因で苦労したことを「子供に勉強させること」で解消しようとする親はその典型です。

勉強不足の劣等感は、自分が勉強して克服するしかありません。「子供のため」という口実で、親の心の借金を子供に押しつけるのはやめましょう。

 

まとめ

人間は誰しも劣等感を持っています。劣等感は、他の人が肩代わりできるものではありません。相手に借金を押しつけても、相手も自分の借金を持っていますから、借金は膨らむばかり。これではお互いうまく恋愛できないで当然です。

しかし、自分の借金を認め、また相手にも自分と同じように借金があると知れば、相互に尊重し合うことで問題を乗り越えることができます借金はマイナスですが、互いのマイナスを掛け合わせればプラスに転じます。

あなたは自分の心の借金を相手に一方的に背負わせていないでしょうか。

 

関連記事