新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

小学生のテスト前日の勉強はどうしてる?│兄姉の過去問で対策しよう

f:id:promotion173:20180617234743j:plain

テスト前の勉強はどうしていますか?

うちのお姉ちゃんは、テスト前になると、教科書を私の部屋に持ってきて「問題を出して!」とよく頼んできました。

自分で勉強していても、どんな問題が出るのか見当がつかないのでしょうね。

何問か問題を出して、理解度をチェックしてあげるのですが、このとき「過去問があれば…」と、いつも思っていました。

塾に通えば、こうした悩みはありませんが、費用の問題や子供の自由時間がなくなるという別の悩みも。

なので、長男(弟)には、お姉ちゃんのテストを残しておいて、テスト前の教材にしたのです。その結果・・・

前日の過去問対策で成績アップ

結論からいうと、短時間で100点を取るテスト勉強ができました。

具体的には次の手順でやりました。

  • 時間を計って過去問を解く
  • 間違えた問題と回答を覚える
  • 教科書準拠問題集で再チェックする

まずは、過去の兄姉のテストの過去問を模試として解かせてみます。このとき大事なのが、必ず時間を計ること。

時間をはかることで、本番に近い雰囲気で取り組め理解度も確認できます。

間違えた問題を徹底的に克服する

f:id:promotion173:20180617234828p:plain

過去問を使った模試は「間違えた」ところに意味があります。

ケアレスミスなのか、覚えるべきものに漏れがあるのか、など原因を探って、必要な対策を打ちます。

漢字を覚えたり、解き方を覚えたり、という知識のインプットはこの段階で行います。

間違えた問題は、テストでよく出される問題と考えて差し支えありません。出題傾向を踏まえて得点につながる勉強をしましょう。

教科書準拠問題集で仕上げ

f:id:promotion173:20180617234923j:plain

教科書の出版社ごとに刊行されている教科書準拠問題集で、最後の仕上げをします。

準拠問題集は、兄姉のテストでは出題されていなかった問題のフォローに使います。

過去問で対策しているので、新しく覚えることは少ないですが、出題の切り口が変わると、解けないことがあります。

数多くの問題にあたることで、解き方、答え方のコツが身につきます。教科書準拠問題集での仕上げは満点を取るために外せません。

また、最近注目されているタブレット教材には、テスト範囲を入力すると自動で出題する機能があります。詳しい資料請求はこちら↓

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

ゲーム感覚で力試しができるので、机での勉強が苦手な子も楽しみながら得点アップできます。

テスト前日の勉強時間

人間の脳は、起床3時間後くらいがもっとも能力を発揮できるといいます。

朝9時からテストの場合は、午前6時には起きましょう。睡眠不足でテストに臨むと眠気に襲われ実力が発揮できません。

小学生なら7~8時間の睡眠時間は確保したいですね。逆算すると、前日は午後10~11時には寝ることに。

帰宅時間を夕方4時とすると、10時まで6時間ありますが、食事や入浴、休憩も必要です。

したがって、テスト前日に小学生が実質的に勉強できる時間は4時間程度になります。

まとめ

小学生のテスト前日の勉強は、兄姉の過去のテスト問題と教科書準拠問題集を使うのが、もっとも効果的です。

漠然とテスト範囲を勉強しても、学習の焦点が絞れないので点数に直結しません。

過去の問題で何が、どう問われるのかを知って覚えるべきところを絞るのが、点数につながるテスト勉強のコツなのです。

関連記事
・小学生の語彙力を増やすおすすめの本・問題集8選