新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

一夜づけのテスト勉強で平均点以上を取る5つのコツ【中学生】

一夜づけで勉強する女子中学生

ふだん部活や遊びで忙しかったりすると、ついつい定期テストの直前に「一夜づけ」で何とかしようとする人って多いと思います。

一夜づけでは実力がつかない、記憶に残らないという先生もけっこういますが、それでもやらざるを得ない状況ってありますよね。

実際、わたしも定期テスト直前は、一夜づけの常連でした。

でも、それで平均点以上は取れていました。だから「一夜づけ」は、意外と使える勉強法なのです。

大事なのは、一晩という限られた時間で、どう勉強するか、という作戦にあります。この記事では、勉強以外にも忙しい中学生のために、一夜づけのコツをお伝えします。

 

一夜づけで平均点以上を取るコツ

①残り時間と試験範囲を把握する

明日の試験開始までに、もうあと数時間!時間はどんどん過ぎていきます。

そんな状況だからこそ、あと何時間勉強できるか、試験範囲はどこからどこまでかをハッキリと把握しておきましょう。

限られた時間ですから、テスト範囲外のことに手を出さない、点数につながることだけをやる、というのが鉄則です。

 

多くの中学校では定期テスト前週か前々週に、出題範囲と学習のポイントを書いたプリントが配布されます。このプリントには「〇〇から出題します」と何が出るか書いてあることもあります。こういうところを取りこぼししないことが大切です。

 

②「覚える」ことを優先する

f:id:promotion173:20180617161118j:plain

一夜づけで勉強していると、必ず「理解できない」「わからない」という場面にぶつかります。そんなとき、完全に理解しようとしていたら、時間がいくらあっても足りません。

一夜づけのときは、わからなくてもとにかく「丸暗記」する! 覚えることを優先して勉強しましょう。

ただし、テスト期間が終わったら、丸暗記したところを理解できるように復習すること。それをサボると勉強がどんどんわからなくなってしまいます。

 

③3時間は寝るようにする

f:id:promotion173:20180617161854j:plain

完全徹夜で勉強することは、できるだけ避けた方がいいかも。3時間くらい寝ると

  • 記憶が定着する
  • 試験の集中力が高まる

こうした効果があります。わたしが一夜づけするときは、夜1時くらいに一度寝て、早朝4時から勉強を再開していました。

少し寝ることで、頭がすっきりして、暗記もはかどります。

 

④答えを横において勉強する

数学の勉強は、もうとにかく「問題を解く方法」を暗記するやり方に徹します。

問題を0から考えて解くのではなくて、答えを横において、問題を見たらすぐに答えを見て「なるほど!この問題はこうやって考えるのか!」という感じで進めていきましょう。

定期テストは、学校の教科書の範囲でしか出題されません。問題のパターンは同じで、条件の数字が変わるだけなので、解法を知っていて、計算ミスをしなければ平均点くらいはラクに超えられます。

ただし、最低限の計算力は必要。これはふだんから養っておきましょう。

 

⑤過去問を手にいれて対策する

先輩や兄姉から、過去の同じ時期の定期テストの問題を手に入れられませんか。学習塾によっては、過去の定期テストを学校別・先生別に保管していることも。

下の記事で書きましたが、過去の定期テストは、情報の宝庫です。↓

www.promotion173.com

定期テストの出題傾向は、数年では大きく変わりません。過去問に目を通すと、テスト範囲のどの部分がどう問われるのかが把握できます。

限られた時間で最大の成果を上げるには、過去問対策がもっとも有効なのです。

 

まとめ

一夜づけのテスト勉強で平均点以上を取るコツをご紹介しました。おさらいすると次の5つです。

  • 残り時間と試験範囲を把握する
  • 「覚える」ことを優先する
  • 3時間は寝るようにする
  • 答えを横において解法を覚える
  • 過去問を手にいれて対策する

一夜づけには賛否両論ありますが、実際の社会では、物事にあたるとき十分な時間と資源が与えられることは、ほとんどありません。

絶対的に足りない時間と資源で、求められる成果を上げるのが、仕事といえましょう。

そういう意味では、限られた時間と知識をフル活用して平均点以上の成績を取る一夜づけの経験や要領の良さは、社会に出てから役立つスキルでもあるのです。

 

関連記事
勉強で挫折しやすい人の3つの特徴