新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

定期テストと模試を両立する方法5つ

定期テストと模試を両立する方法

学校の定期テストではいい点がとれるのに模試の結果がダメダメ。

こんな経験はありませんか。
なぜ、定期テストと模試で大きく成績の違いが生じるのでしょうか。

単に、定期テストは簡単で、模試は難しいからなのでしょうか。

逆に、模試の成績は良くて定期テストの成績が悪い、という人もいます。どうもこれは、定期テストと模試の難易度の違いだけの話ではないようです。

この記事では定期テストと模試を両立する方法を紹介します。

 

定期テストと模試の両立法

定期テストの目的と模試の目的を理解する

テストの目的は明確です。 定期テストの目的は「授業の内容を理解しているかどうか」の確認で、模試はその名前が示すとおり「受験の模擬試験」です。

  • 定期テストは授業の確認テスト
  • 模試は受験を意識したテスト

どちらかといえば、定期テストの方が対策しやすいということになります。

 

試験範囲を気にする

定期テストと模試の試験範囲は大きく違います。模試の方が、範囲が広くなります。

定期テストは一夜漬けでも平均点をとれるかもしれませんが、模試となると日頃の勉強量、復習した量が重要になります。

 

「感覚」で解こうとしない

「英語」「国語」は、感覚で問題を解くという人が結構います。

定期テストと異なり模試では、はじめて読む文章がほとんどです。受験で求められる力は、初見の問題を解く力です。

感覚に頼るのではなく、基礎を固め、筋道立てて答えられるよう対策しましょう。

国語の読解力アップにおすすめの問題集10選

 

定期テストは「授業」+「短期学習」で対策

定期テストは「授業」に集中して取り組めば、その時点でかなりの対策ができます。

また学校によっては、出題範囲や重要事項を一覧にしたプリントが配られることもめずらしくありません。

出題範囲を確認し、学校指定の問題集、教材をきちんと復習しておくことが大切です。

 

家庭学習は受験を意識した教材で行う

模試でいい点をとるには、日頃の勉強を受験を意識した学習に変えることが大切です。

模試が定期テストより難しいというわけではなく、「受験対策が不十分」なのです。

受験対策なら難関大学合格に圧倒的な実績があるZ会の通信講座が有名です。

Z会中学生向けコースの資料を請求された方に、『中学からの正しい学習法』冊子を差し上げます。

 

まとめ

以上、定期テストと模試の両立法を説明しました。

模試は実力、定期テストは授業の習熟度をはかるためのものです。

出題範囲の狭い定期テストは直前の対策で点数がとれます。しかし、それは一時的な記憶でしかなく、模試を受ける頃には忘れていることも多いのです。

定期テスト前は、定期テストの対策に専念し、ふだんは受験対策用の応用問題にあたることで実力を磨きましょう。

関連記事

一夜漬けの勉強のやり方 - 定期テストで平均点以上を取る5つのコツ【中学生】
小学生のテスト前日の勉強はどうしてる?│兄姉の過去問で対策しよう