新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

最悪!時間内にテストが解き終わらない - 時間切れ対策・7つ

時間内にテストが解けず焦る女子中学生

テストで問題の最後までたどり着くことができずに時間切れになってしまう。

テストは時間との勝負です。テストで問われるのは、単に問題が解けるだけではなく要領よく問題を処理する能力です。

  • 問題が解ける
  • 制限時間内で解答する

この2つが両立できて、はじめて合格の栄冠を勝ち取ることができます。

当記事では、時間内にテスト問題が解き終わらない人に向けて、時間内に回答用紙を埋めるコツをご紹介します。

 

テストの時間切れ対策7つ

実際の試験に近い環境で解く

問題を1問ずつ解くのと、まとまった量の問題を解くのでは、勝手が違います。

そういう意味で、模試は本番に近い環境で時間配分の感覚を身につける練習になります。

受験対策なら、過去問を通しで解くことが大切です。これは本番の問題量に慣れることにつながります。

 

時計で時間を計って問題を解く

普段から時間を計って問題を解くことで、時間配分の感覚が養われます。

テスト時間内に問題を解ききれない人の多くは、家庭学習で時計を使っていないことが多いようです。

問題集には、解答時間の目安が表示されています。この目安の時間内で問題を解くよう普段から練習しておきましょう。

 

テスト開始1分で時間配分を決める

問題が配られたら、いきなり解答をするのではなく、一通りザッと問題に目を通して、解答時間の配分を決めましょう。

解答する時間は、45分の試験なら、1割程度の時間を残して40分程度で解答用紙を埋められるように配分します。

解答時間の計画を最初に立てることで、「解けるはずの問題が手つかず」という最悪の事態を避けることができます。

 

設問に先に目を通す

国語や英語の試験は、本文と設問の形式で出題されます。

こうした科目では、まず設問に目を通してから本文を読むと、どこに注意して文章を読めばいいかの指針が得られます。

逆に、先に本文を読んでしまうと、設問を読んで、あらためて本文を返り読みすることになります。

先に設問を読み「何が問われるか」を意識して本文を読むと読解しやすくなります。

 

計算や書き取りは即答する

公立高校の受験問題では、数学の簡単な計算問題、国語の漢字の読み書き、英語の慣用表現などが必ず出題されます。

これらは思考力を要する問題ではなく、知っていれば即座に答えられる問題です。

単純な知識を問う問題に時間をかけず、応用問題に時間を回すようにしましょう。

 

解けない問題で粘らない

1問に時間をかけすぎると、最後まで問題を解き終わらず時間切れになります。

問題が解ける、解けないに関わらず、最初に決めた時間配分に沿って、テンポ良く次の問題に移ることが大切です。

解けない問題、時間のかかりそうな問題は、勇気をもって「飛ばす」こと。また、解けずに飛ばした気分を引きずらないこと。

飛ばした問題は、一通り他の問題を解いてから、あらためて取り組みましょう。

 

問題用紙に思考の跡を書き込む

短時間で効率的に問題を解くには、できるだけ思考の負担を軽くすること。

問題用紙に積極的に書き込みをして思考の道筋を記録しましょう。自信をもって切れる選択肢を鉛筆で消してしまうだけでも正解を探しやすくなります。

また計算手順を丁寧に書いておくと、見直しの手間も省けます。

 

まとめ

以上、時間内にテストが解き終わらない人に向けて対策を7つ紹介しました。

冒頭でも書きましたが受験では、問題が解けるだけでなく、正確に要領よく問題を処理する能力も測られます。

日頃から解答速度を意識した学習を心がけましょう。

  関連記事