新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

小学生の語彙力を鍛える本・問題集8選【中学受験】

中学入試までに子供の語彙力を高める本

語彙力は、人間関係を円滑にします。

豊富な言葉の選択肢が、できごとや気持ちの機微を相手に正しく伝える役目を果たすからです。貧しい言葉のやりとりでは、摩擦や誤解も生じます。

この記事では、小学生向けの語彙力を鍛える本・問題集を紹介しています。

必ず覚えたい日常語から中学受験に必須の難語まで網羅しています。お子様の語彙レベルに応じて、最適な1冊をお選びください。

 

小学生の語彙力を鍛える本・問題集

マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000

ひとつの言葉に1枚のマンガが添えられていて、視覚的に言葉の意味をつかむことができます。400ページあるので、通読だけでなく、パッと開いて出会った言葉を覚える使い方がおすすめ。

小学校2・3年生で十分に理解できます。ことわざ、慣用句だけでなくカタカナ語も収録されているのが特徴です。

 

10才までに覚えておきたいちょっと難しい1000のことば ジュニア版

マンガによる用例紹介とクイズ形式の問題で語彙力を増やすことができます。この本は、収録されている言葉のチョイスが実用的で評価が高いです。

見開き2ページで1項目、全部で200項目あります。編集の仕方がよいので、1項目5分程度で読みこなすことができます。

 

ドラえもんの国語おもしろ攻略 言葉の力がつく (ドラえもんの学習シリーズ)

熟語、ことわざ、慣用句以外のちょっと表現がわかりにくい難語、日本古来の表現、和語を収録しています。こうした言葉が受験で問われます。

基本的な語彙力は「ことわざ辞典」「四字熟語辞典」「慣用句辞典」で補完を。いずれも収録内容は、中学入試に高い実績を持つ日能研のデータに基づいています。

 

小学生必須難語2000マンガでクイズ―パラパラめくって語彙を増やす!最高レベルまで対応

小学生が難しいと感じる日常語2000を網羅。こちらは、難関中学受験で問われる語彙まで収録しているので、レベルは高めです。

すべての漢字にルビがふってあるので低学年から使えます。サイズもコンパクトでスキマ時間の学習に最適。中学受験を目指す小学生は、だいたい持っています。

 

小学校6年生までに必要な語彙力が1冊でしっかり身につく本

辞書引き学習で有名な深谷先生の本。日常でよく使う言葉で、小学生のうちに知っておくべきものを学年別に厳選して収録しています。

ドリルや暗記で覚えさせる方法ではないので、国語に苦手意識のある子も気軽に言葉のストックを増やすことができます。読解や作文が苦手な子におすすめ。

 

小学3年生から始める!こども語彙力1200 考える力が育ち、頭がグングンよくなる

「語彙力こそが教養である」の著者、齋藤孝先生の本。小学校卒業までに覚えておきたい1200語をテスト形式で学べます。

中学受験も意識した内容で「読解基本語」「感情表現や情景描写の言葉」「論理的な表現や概念の言葉」とランク分けされていて、子供の苦手分野に応じて勉強するパターンを紹介しています。

 

ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集[小学生版]

反対語と類語を中心に語彙をひろげていく問題集。単に言葉を知るだけでなく、文章問題攻略、読解に不可欠な言葉の因果関係を習得するよう工夫されています。

1ページの上段に反対語が1組と関連する反対語が4-5種類掲載されており、下段に演習問題を収録。4年生程度からはじめるのがおすすめです。

 

中学入試用 国語力がアップすることば1200

中学受験指導で有名な四谷大塚が、中学入試用のことばをドリル形式でまとめた書籍。巻末に有名中学の長文入試問題に登場した語句を実践問題として収録。難関中学受験者は必携です。

前書に「4年生までに覚えておきたい国語力がアップする言葉1200」が出版されていますが、こちらは現在プレミアがついています。似た本に学研のものがありますが、四谷大塚の本書に比べると受験対応度は低いです。

 

まとめ

以上、中学入試までに小学生の語彙力を増やすおすすめの本・問題集を8冊厳選してご紹介しました。

ほとんどの本が、ルビ付き。マンガで言葉の意味を説明している本は、低学年から使えます。また「10歳までに」と謳っている書籍が多いですが、国語が苦手な子は、高学年で復習を兼ねて使っても大丈夫です。

中学受験を視野に入れた学習は下記の3冊をおすすめします。

 

 中学受験に対応する記述力を養成