新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

本能を揺さぶれ!ネットで「女性」に売る39 の法則

f:id:promotion173:20171014200209j:plain

女性のお客様を相手に販売や告知の記事を書いているけれど、いまいち反応がない。 お伝えしている話題は、きっと魅力的なはず、なのに問い合わせがないのはなぜだろう。

ブログやSNSで発信する数が足らないから?

いえいえ、ちがいます。
ほんのちょっと文章の書き方やブログの見せ方を変えるだけで、女性のお客様の反応って見違えるほどアップします。


女性が物を買いたくなる39の法則

ネットで女性相手に商品をおすすめするときに大切なこと。それは、女性の心の感じ方、心の動き方を正しく理解することです。

同じ女性だから、女性のお客様の気持ちはわかっている。書き手の女性ってみんなそう思っています。でも、それは本当でしょうか。 あなたが自分でものを買うとき、どういう気持ちなのか、言葉で説明できるほどしっかり理解していますか。ちょっと思い出してみてください。

実は、女性に物を売るには、法則があります。その法則さえ知ってしまえば、同じ内容を伝えていても、 響き方がまるっきり変わります。売れたり、問い合わせが入ったり、ちゃんと反応がきます。

先月(2017年9月)『ネットで「女性」に売る』という本がMdNから出版されました。著者は、セールスコピーライターの谷本理恵子さん。 この本では、ネット通販の現場で、実際に成果の上がった文章の「書き方」「見せ方」を39の法則にギュッとまとめて解説しています。


Twitterでも評判の希少本

わたしも普段、通販広告をつくる仕事をしていますが、そのときにプロが必ず意識するポイントを、 この本は、図とやさしい文章で、わかりやすく説明しています。Twitterでも評判の本で…

こんな感じで絶賛されています。


あなたの文章の本来の魅力を伝えよう

この本のよい点。わたしたちは知らないうちに、女性のお客様の買おうかな、という気持ちを妨げてしまっているという事実に気づかせてくれること。

たった今まで、前のめりで興味津々だった女性の気持ちを、見せ方、伝え方のちょっとしたミスで、スーッと冷めさせてしまうことが結構あるのです。

もしあなたのブログで、そんなふうに女性のお客様の気持ちを急に冷やしてしまうミスをしていたらもったいないですよね。 どうするとミスになるのか、それがわかる39の法則を知って、ちょっと手直しするだけで反響はぐんぐん上がるものです。

本来のあなたの文章の魅力が120%伝わる文章の書き方、見せ方の基本原則をこの本で身につけましょう。


これがネットで「女性」に売る39の法則

最後に39の法則に何が書いてあるのか。見出しをご紹介します。気になるところがあったら本を手にとって読んでみてくださいね。


女性が見たいもの、見たくないもの
法則1男と女の「買い物」は違う
法則2女の子はお姫様を夢見る
法則3男性と女性では「現実」の認識が異なる
法則4「衝動買い」には深い深い理由がある
法則5女性はそもそも「悩んでいない」
シンデレラが憧れる世界をつくる
法則6考える前の「無意識」に訴える
法則7色の微妙な違いを認識する
法則8写真や映像で「五感」に訴える
法則9理想の自分は金髪の外国人女性!?
法則10視線の先は必ず読まれる
法則11「一貫性」を欠くと逆効果になる
法則12「雑誌」の世界観をお手本にする
法則13芸術性よりも「わかりやすさ」
法則14読まれなければ「意味がない」
法則15飛ばし読みは当たり前
法則16兎にも角にも迷わせない
法則17「シェア」しやすい見せ方にする
女性をトリコにする文章の秘密
法則18知りたいのは「専門知識」ではない
法則19擬音語・擬態語が女性に響く
法則20材料がないと文章は書けない
法則21他人の土俵で勝負しない
法則22「たった一人」に向けた文章を書く
法則23言い換えたら伝わらない
法則24顔が見えるような接客をする
法則25「不安」があっては買ってくれない
法則26数字は直感を裏付ける「スパイス」
法則27「空気」を読んだ文体で書く
法則28パッと目に入る工夫をする
魔法がとけると買ってもらえない
法則29感動を設計して「行動」まで誘導する
法則30女性を「現実」に引き戻さない
法則31効果効能は全力で伝える
法則32迷うポイントを残さない
法則33女性のお客様に「押し売り」はNG
法則34商品の価値イコール自分自身の価値
法則35お客様の「感動」を最大限に活かす
買い物はいつでも、どこでも楽しい
法則36リピートの仕組みをまず先に作る
法則37繰り返し買ってもらう
法則38購入後のフォローの仕組みを作る
法則39すぐに「行動」してもらう理由を作る

追伸┃Twitterの投稿にもありますが、あまり冊数が出回っていない本のようです。