新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

知っていますか? 新聞のひみつ

新聞のひみつ

新聞をよく見ると、いろいろなところに「これはいったい何?」というものがあります。 実際の新聞を見てこのひみつを調べてみましょう。

新聞1面にある「第○○○○○号」って何?

新聞の1面の上に「第○○○○○号」という数字が記入されています。 これは創刊号から数えて何号目になるかを表した数字です。 原則は、同じ日に出される朝刊と夕刊は同じ数字になります。

この数字を365日で割ると、何年前に創刊されたかがわかります。

新聞の上にある「○○版」って何?

新聞は、新しいニュースが飛び込んでくると、すばやく紙面を組み替えて印刷します。 基本的には締め切りの早い紙面ほど版数が若くなります。

朝日新聞東京本社が発行する朝刊の場合は13版、14版などが多いですが、大阪本社では10版もあります。 読売新聞は、最初に印刷されるのが12版、次が13版、最後が14版。 交通事情が良くなり昔に比べて版数は、減少傾向です。

なぜ新聞紙の上下はギザギザになっているの?

新聞は1分間に1100~1500部を刷り上げる高速「輪転機」で印刷されています。 そのスピードで何十ページもの紙面を重ね合わせて同時に切断もします。

すばやく一気に切断するために、刃先はノコギリ状のギザギザになっています。 そのため新聞の上下は、ギザギザになっているのです。


新聞の「なぜ?」を徹底解説

池上彰の新聞勉強術

わかりやすい解説、TVでおなじみの池上彰さんが新聞のひみつを語り尽くします。 速読から読解まで池上彰流・新聞の読み方指南。