新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

【レビュー】ジッキースーパーライトBR - 磁気式メモボードで勉強の効率UP【暗記・数学攻略】

f:id:promotion173:20181028195328p:plain

子供に勉強を教えるとき、気軽に書いて消せるボードがあると、とても便利です。

わが家では、長年「2カラーせんせい」という磁気ボードを使っていましたが、さすがにボロくなってきましたので、同じようなものが欲しかったのです。

Amazonで調べていると、「せんせい」の簡易版がPILOTから販売されていましたので、さっそく購入しました。

それがジッキースーパーライトです。

 

ジッキースーパーライトBRの外観

f:id:promotion173:20181028184304j:plain
f:id:promotion173:20181028184318j:plain

ジッキースーパーライトBRは、箱の中に2色の磁気ペンとメモボードが同梱されています。

持った感覚は、軽くてペラペラ。
耐久性がないので、子供が乱雑に扱うとスグにボードを割ってしまうかもしれません。

小学3年生くらいになれば丁寧に使えるので、この耐久性でも問題ないでしょう。

右の写真は裏面です。
ペンを収納する溝があり、磁石でくっつきます。ペンは1本で黒・赤の2色です。

 

磁気ボードを勉強に活用しよう

f:id:promotion173:20181028185315j:plain

ボードの広さはA4サイズの教科書準拠問題集より一回り大きいくらい。

わが家の使い方は、ボード全面を使って数学の問題を解いたり、覚えられない漢字を大きく書いて暗記の助けにしたりしています。

数学は図を描くと解法の道筋が見えやすいので、磁気ボードでアレコレ試行錯誤すると理解が進みます。

計算も、磁気ボードの広い面で解いてみるとミスが減りますよ。

 

動画でわかるボードの消し方

慣れればたいしたことはありませんが、最初はボードの消し方に迷うかもしれません。

2カラーせんせいは、ボード下側のスライダーを左右に動かすと文字が消えましたが、この製品は、ペンで消します。

ペンの側面の一方が磁石になっていて、ボードの裏面をその磁石を滑らすように動かして消すのです。

言葉で説明するとわかりにくいので、Twitterに動画を投稿しました。

 

 

まとめ

以上、ジッキースーパーライトBRのレビューでした。

はじめは文字が薄い感じがしますが、使っているうちに濃くなってきます。

2カラーせんせいに代わる磁気ボードを探している方には、価格も手頃でおすすめです。

勉強だけでなく家族どうしの伝言にも使えますので1台あると便利ですよ。