新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

新聞折込チラシの効果的な曜日 - 業種別傾向と対策

f:id:promotion173:20160812002346p:plain

何曜日にチラシを入れると反応が良いかご存知ですか?

チラシの反応が薄いのは

  • 内容に魅力がないから
  • デザインがダサいから

なんて思っている人が多いと思います。
そこで特典をつけたり、デザインを全面的に変更したり。

しかし、そんな手間をかけなくても、折込する曜日を変えるだけで反応が一気に増える可能性があります。

この記事では、折込会社に勤める筆者が「チラシの効果的な曜日」のポイントをわかりやすくご説明します。

チラシの多い土曜・少ない月曜

f:id:promotion173:20160811232236p:plain

新聞折込チラシがもっとも多いのは、土曜日、次いで金曜日です。

いずれも週末商戦の対策です。逆にチラシがもっとも少ないのが月曜日です。

Q:チラシは、他のチラシが多い日、少ない日のどちらに折り込むのが効果的?

折込日は、同業他社がいつ折込をするかを参考にします。

基本は、同業他社に合わせ、チラシの多い日に配布した方が効果が上がるとされます。

しかし最近は、通販業者などがあえてチラシの少ない月曜から水曜に配布するケースも増えてきました。

次項では、こうしたチラシの曜日別傾向について解説します。

チラシの曜日別傾向

f:id:promotion173:20160811235917p:plain

月│新聞折込が最も少ない

折込チラシが最も少ない日で新聞休刊日(月1回)の地区もあります。

学習塾、カルチャーセンターのチラシが多く見られ、週の前半は、通販のチラシの折込も増えています。

チラシが少ない日を狙うならこの日、斬新なデザインで目を引きましょう。

 

火│主婦のチラシ注目度が高まる

主婦向けのスーパーのチラシが多い曜日で、火曜特売などのイベント日でもあります。

主婦もそれを承知で火曜日にチラシをよく見る人が多いようです。

火曜日は、ドラッグストア・エステなど主婦向けの商品訴求が狙い目です。

 

水│塾・家具関連のチラシが多い

学習塾や家具・インテリア関係、ホームセンター、ディスカウントショップ、衣料洋品、ドラッグストアのチラシが目立つ日。

積極的に販促を行う業者は、水曜と週末に分けてチラシを打つケースも見られます。

 

木│不動産関連のチラシが目立つ

折込チラシはそれほど多くない日。
週末のイベントやセールの告知を早めに行う場合は、木曜がおすすめです。

業種は、リフォーム、土地・マンション販売の不動産関連のチラシが目につきます。

週末の需要を先取りして、ベビー子供用品、酒類などのチラシが入ります。

 

金│イベント・セールの告知が多い

週休二日が一般的になり、土・日にイベントを開催するケースが増えました。

土曜の朝一番の催しは、前日の金曜に折り込むのも手。

住宅関連、百貨店、家電量販店、自動車販売、ショッピングモールなど多種多様なチラシが折り込まれます。

週末に向け、理美容関係、外食関連のチラシも入ります。

 

│一週間でもっともチラシの多い

休日に家族が揃って商談するような大型商品のチラシが目につきます。

自動車、住宅関連、家電、墓石、外食、スマホ(携帯)、紳士服、娯楽関連のチラシが目につきます。

消費者が購買行動を起こしやすい、一週間の中でもっともチラシの多い日。

競合も多いですが効果が期待できる日です。

 

│家族と相談する高額商品が多い

求人チラシが多いのが日曜で、翌日の月曜日に応募の電話を狙うものです。

日曜は傾向として、家族と相談して決めるようなものが折り込まれます。

チラシの種類は、旅行、結婚式場、銀行・証券関連など大型・高額商品が中心です。

チラシの保管状況

f:id:promotion173:20160812003834p:plain

効果は当日が高く一週間もたない

折り込みチラシを何日保管するか。
新聞折込広告調査REPORT2012によれば、古紙回収までに新聞折込広告をとっておく人は48.8%、平均保管期間は6.7日です。

保管期間は、3日の人と7日の人に分かれます。
また、半数がチラシを配布当日しか見ません。保管する人も一週間後には約85%が見なくなります。

折り込みチラシは、配布日がもっとも読まれ、一週間で効果をほぼ失うのです。

地域の折込会社に相談しよう

折込の手配は、枚数に比例して検討する項目が増えます。

そうした場合、主な新聞への折込手配を一括で請け負う折込会社(サービスセンター)を利用すると効率的です。

  • 折込日の曜日別傾向
  • 販売店ごとの部数
  • 消費者の地域属性
  • 周辺環境と人の流れ

など適切にアドバイスしてくれますので、相談してみてはいかがでしょうか。↓

日本新聞折込業協会 J-NOA│折込会社一覧

まとめ

f:id:promotion173:20160812012159p:plain

チラシの反応率は0.3%以下。
業種によっては、0.01%以下の場合も。

新聞折込チラシの配布枚数は、土曜日がもっとも多く、次いで金曜日となります。逆にもっとも少ないのが、月曜日です。

チラシは枚数の多い週末に折り込むのがセオリーですが、業種や同業社の動向も見て、実施日を決めましょう。

通販業者は、あえてチラシの少ない週前半に折り込み成果を上げています。

また、チラシの実質的な有効期間も考慮しましょう。

チラシを見てもらえるのは、配布当日をピークに3日程度といわれます。

一週間後には、ほとんど効果を失いますので、イベント・セールなどの来場告知は、催行日の当日か前日の折り込みが無難です。

 

ラクスルの「印刷+折込」で販促コストを削減しよう

ネット印刷ラクスルは、チラシの印刷から新聞折込まで低コストで一括手配。
折込日、地域も簡単に設定できます。

f:id:promotion173:20180709081138p:plain

たとえば、店舗周辺2kmと指定すると、該当する新聞銘柄と部数、見積もりがすぐに表示されます。

B4の光沢紙で発色もよく、個人の少枚数の発注も低コストで印刷できます。↓

新聞折込(印刷+配布)ならラクスル