読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

人の数え方使いこなし術

人数を数える女子高生

人を数えるとき「1人、2人ひとりふたり」と「人」で数えるときと「1名、2名いちめいにめい」と「名」で数えるときがあります。「人」と「名」にはどんなちがいがあるのでしょうか?

この記事では人の数え方について説明します。

 

人と名の使い分け

にん」という数え方は、1人ひとりの名前がわからなくても、その場所にいる人数だけを示す場合に使われます。

一方で「めい」という数え方は、その字のとおり「」の数を示す場合に使われます。学校の入学式や会社の入社式、結婚式や同窓会など、決められた範囲で、名簿をつくることができ、その名簿にある名前を数えられる場合に「名」を使うのです。

 

目と様のつけかたにちがい

「人」「名」のちがいはほかにもあります。「~目」「~様」をつけるときです。

順番を示すとき「1人目、2人目」と「~目」をつけることがありますが、「1名目、2名目」とは言いません。「名」で数えるときに「~目」はつけられないのです。

また「名」には「~様」をつけられますが、「人」には「~様」をつけられません。たとえば、飲食店で「2名様ですか?」と聞かれることはありますが「2人様ですか?」と聞かれることはありません。

この場合は「お2人様」のように「お」をつけます。でも、4人以上は「お4人様」とはいいませんね。

 

英語で人を数えるときは?

この場合はpersonパーソンpeopleピープルを使い分けます。1人のときは1person、2人、3人のときは2people、3peopleを使います。これはおまけの話でした。

 

人は死んだ後で数え方が変わる

生きている人間は「人」「名」で数えますが、じつは、人は亡くなると数え方が変化していきます。どのような数え方をするのでしょうか。

たとえば、死体は「1体、2体」というように「体」で数えます。ただし、その死体の身元がわかる場合には「人」で数えることもあります。

亡くなった人は、その後、お棺に入れられ、焼かれてお骨になり、お墓に入ります。このとき数え方も変化します。

お棺に入ったら「」、お骨になって骨壺に入ったら「こう」で数えます。こうは、くちが空く入れものを数えるときに使います。また位牌は「はしら」で数えます。

昔、日本では神様を数えるときに「柱」を使っていました。人間は亡くなると神様になるという考え方があったのです。

お墓は「基」で数えます。動かすことが難かしい大きなものは「基」で数えるのです。古墳やエジプトの王様が葬られているピラミッドも「基」で数えます。

 

まとめ

人は生きているときは「人」か「名」で数え、亡くなった後は、「体」「基」「口」「柱」「基」と姿、形で数え方が変わります。この数え方の変化は知らない人も多いので、さらりと使いこなすとカッコいいですよ。

 

追記│新聞の数え方

このブログは、新聞のことを中心に書いています。そのため新聞の数え方で、このページを訪れる人もいます。ここで簡単に新聞の数え方を補習しておきましょう。

新聞は基本的に「」で数えます。同じ銘柄の新聞は「1部、2部…」と数えます。たとえば、発行数も500万部と表現しますね。

新聞銘柄別の数え方は「」を使います。たとえば、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、中日新聞の4つなら「4紙」といいます。

新聞のページは「めん」を使います。「1面トップ」「3面記事」などの言い方があります。新聞紙は、1枚、2枚で数えます。2017.5.21追記

 

関連記事

意外と知らない動物・昆虫の数え方