新聞と広告の向こう側

新聞のつくり方・広告を読み解く視点

読書感想文の言い換え│「と思った」を連発しない表現とは?

読書感想文の言い換え

読書感想文の苦手な子は、「おもしろかった」「~と思った」という感想を連発します。 本来は、どこがおもしろかったのか、なぜおもしろかったのかを詳しく書くのが大切ですが、 この記事では、単純な感情表現をさまざまに言い換えて文章を豊かにする方法を紹介します。

ちょっとした小技ですが、知っていると便利です。

  • おもしろい
  • 悲しい
  • びっくりした
  • と思った とわかった

今回は、これら4種類の感情表現の言い換えを紹介します。

「おもしろい」を言い換えた表現

  • ゆかいでした。
  • おなかをかかえて、笑いました。
  • 思わず、にやりとしてしまいました。
  • ワクワク胸が高鳴りました。
  • もう一度、読み返したくなりました。
  • 気づいたら「すごい!」と声に出ていました。
  • だれかに本のことを教えたくなりました。
  • 読んだ後、こうふんがおさまりませんでした。
  • 夢中になって一気に読んでしまいました。

自分の体の感覚や思わずしてしまった行動を言葉にして伝えると文章がいきいきするね。

「悲しい」を言い換えた表現

  • とちゅうで読むのがつらくなりました。
  • 心の中でお祈りしました。
  • せつなくなりました。
  • 胸がしめつけられました。
  • 本を持つ手がふるえました。
  • 涙が止まりませんでした。
  • 心がどんより重くなりました。
  • 思い出すと今も泣けてきます。

少しおおげさに表現した方が、気持ちが伝わる気がするわ。どんな言葉に言い換えるかで「悲しみ」の程度が変わるよ。


「びっくりした」を言い換えた表現

f:id:promotion173:20170902172048p:plain

  • どきどきはらはらしました。
  • 手に汗にぎるてん開でした。
  • 動ようして本を落としてしまいました。
  • 息を飲みました。
  • 「まさか!」と思わず声が出ました。
  • ぼうぜんとしました。
  • 心ぞうが止まるかと思いました。
  • おどろいてページをめくることができませんでした。

「思った」「わかった」の言い換え

  • と考えました。
  • と気がつきました。
  • という気分になりました。
  • と強く感じました。
  • ということではないでしょうか。
  • ということが頭をよぎりました。
  • と学びました。
  • について深く知ることができました。

僕はいつも「思った」ばかりの感想文になってしまうけれど、これなら同じ言葉を使わないで済みそう。

まとめ

以上、読書感想文の感情表現の言い換えを紹介しました。言い換えを知っておくと文章がワンパターンにならずに とても便利です。

読書感想文の完成度を上げる小技として活用してくださいね。

関連記事読書感想文8つのコツ
読書感想文のあらすじの書き方
読書感想文の終わり方